動画配信おすすめはこちら!

461個のおべんとう/前売り券(ムビチケ)の特典や発売はいつ?【映画】

461個のおべんとう/前売り券(ムビチケ)の特典や発売はいつ?【映画】

2020年秋公開予定の映画『461個のおべんとう』

渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)による感動のお弁当エッセイを映画化。
息子の高校3年間を休まずにお弁当を作り続けた親子の成長と絆を描きます。

主人公の鈴本一樹役はV6の井ノ原快彦さん、息子・虹輝役はなにわ男子(関西ジャニーズjr.)の道枝駿佑さんが演じます。

こちらの記事では映画『461個のおべんとう』の前売り券(ムビチケ)や特典などについてまとめていきたいと思います!

映画『461個のおべんとう』の前売り券(ムビチケ)の特典や発売はいつ?

現在、発売日はまだ未定となっています。

情報がわかり次第追記したいと思います!

あらすじ

長年連れ添っていた妻と別れることを決意した鈴本一樹(井ノ原快彦)。父を選んでくれた息子・虹輝(道枝駿佑)が15歳と多感な時期を迎えていただけに、一樹は虹輝に対する罪悪感に苛まれていた。そんな時、重なるようにして虹輝が高校受験に失敗したという悪い知らせが届く。
これまで自由に生きてきた一樹は、虹輝に対し“学校だけがすべてではない。自由に好きなように育ってくれたらそれでいい”と思っていた。しかし、虹輝の出した答えは「高校へ行きたい」だった。 そして翌年の春、見事に高校に合格。
ここで一樹はある質問をした。「学校の昼食なんだけど虹輝はどっちがいいの? お金渡して自分で買うのと、父さんが作るお弁当」「父さんのお弁当がいい」
この瞬間「3年間、毎日お弁当を作る!」「3年間、休まず学校へ行く」という“大切な約束”が生まれたのだった。
慌ただしい毎日の中、お弁当を通して交錯する父と息子の想い。ライブの翌日も、二日酔いの朝も、早出の朝も…、一樹の怒涛のお弁当作りが始まる――。

映画『461個のおべんとう』より

キャスト

鈴本一樹:井ノ原快彦

人気バンドのギター・ボーカル。自由奔放で楽観的。離婚を機に息子と二人暮らしを始め、息子のために毎日お弁当を作る。

鈴本虹輝:道枝駿佑(なにわ男子) 
※小学生時代:田村海琉(少年忍者)

一樹の息子。落ち着きがあり優しい性格だが父親に劣等感を感じている。自分に自信がない。高校に一年遅れで入学。クラスメートから距離を置かれている。

仁科ヒロミ:森七菜

お弁当を通じて虹輝と仲良くなる。密かに虹輝に想いを寄せている。

田辺章雄:若林時英

お弁当を通じて虹輝と仲良くなる。明るくて優しい性格。虹輝の恋を応援する。

矢島真香:阿部純子

レコーディングエンジニア。お弁当を通じて一樹と心の距離を縮める。

浅井周子:映美くらら

一樹の元妻で虹輝の母親。カフェ経営をしている。虹輝を優しく支える自立した女性。

徳永保:野間口徹

一樹のマネージャー。長年、バンド活動を陰から支えている。

古市栄太:KREVA

バンドのMC担当。一樹が信頼する存在。

河上利也:やついいちろう

バンドのDJ担当。明るいムードメーカー。

遠藤咲江:坂井真紀

一樹の姉。福島の実家の近くに住み、東京で活躍する一樹を応援する。

鈴本奈津子:倍賞千恵子

一樹の母親。一樹が子供の頃から食事を摂ることの大切さを伝え、大きな影響を与えた。