動画配信おすすめはこちら!

神奈川県立えびな支援学校の男性教員がコロナ感染!感染経路や行動歴・場所はどこ?

神奈川県立えびな支援学校の男性教員がコロナ感染!感染経路や行動歴・場所はどこ?

5月16日、神奈川県海老名市の「県立えびな支援学校」に勤務する50代の男性教員が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

横浜市と神奈川県横須賀市は16日、支援学校の教員や看護師などあわせて10人が新型コロナウイルスに感染したことが新たに確認されたと発表しました。

このうち、横浜市によりますと、新たに感染が確認されたのは集団感染が起きている市内の2つの病院の看護師や海老名市にある県立えびな支援学校に勤める50代の教員の男性などあわせて8人です。

https://www3.nhk.or.jp

県立えびな支援学校の男性教員がコロナ感染!感染経路や行動歴は?

県教育委員会によると、男性教員は5日に発熱し、15日に陽性が判明しました。
4月28日から在宅勤務を行い、休校のため生徒たちに濃厚接触者はいないとのことです。

《症状経過》

5月5日:37.8度の発熱
6日:帰国者・接触者相談センターに相談、自宅で経過観察を継続
7日:解熱
10日:発熱
11日:帰国者・接触者相談センターに相談、県内医療機関Aを紹介され、薬の処方を受ける。
13日:発熱継続。県内医療機関Bを受診。肺炎の疑いで、県内医療機関Cを受診、PCR検査実施、自宅で経過観察を継続
15日:PCR検査の結果陽性と判明、県内医療機関に入院

《行動歴》

4月28日から在宅勤務

《感染経路》

不明

《濃厚接触者》

なし

県立えびな支援学校の場所は?

〒243-0422 神奈川県海老名市中新田4丁目5−1

ネットの声

休校で濃厚接触者がいなかったのは幸いでしたね

在宅勤務していたみたい。クラスターじゃなくてよかったー

\こちらの記事もどうぞ/