動画配信おすすめはこちら!

横浜の保健科学研究所でコロナ判定検査ミス!場所はどこ?【神奈川】

横浜の保健科学研究所でコロナ判定検査ミス!場所はどこ?【神奈川】

横浜市にある民間検査会社「保健科学研究所」で医療機関・自治体から依頼された新型コロナウイルスのPCR検査で、38件の誤判定があったことが1日発表されました。

横浜の保健科学研究所でコロナ判定検査ミス!

 医療機関や自治体から依頼を受けて新型コロナウイルスのPCR検査を実施した民間検査会社「保健科学研究所」(本社・横浜市)が陰性を陽性と誤って判定した事例が38件あったことが分かった。横浜市が4月30日に立ち入り検査し、1日発表した。

 市によると、同社が4月28日に実施した137件の検査のうち38件を誤り、依頼を受けた医療機関や自治体に通知していた。38件の内訳は神奈川県が横浜市と県内4病院で20件、東京都が1病院で14件、静岡県が2病院で4件という。

 試薬の調整、試薬と検体の混合という作業過程で、何らかの異物が混入したとみられる。1人が一貫して取り組んだため、手袋などについた物質が混じった可能性があるという。

 同社は作業の分担のほか、手袋交換や消毒の徹底といった再発防止の取り組みを始めたという。横浜市は誤判定の原因について報告書の提出を求め、改善点について行政指導する。

朝日新聞デジタル より

記事によると、横浜市にある民間検査会社「保健科学研究所」で新型コロナウイルスのPCR検査で“陰性を陽性”と誤って判定したケースが38件確認されているということです。

「保健科学研究所」が4月28日に実施した137件の検査のうち38件の検査を誤り、検査の依頼を受けた医療機関・自治体に通知していました。

その内訳は神奈川県で20件(横浜市、県内4病院で)、東京都1病院で14件、静岡県2病院で4件です。

1人の検査技師が一貫しての作業に当たっていたようで、その検査技師の手袋などに付着した物質が混入した可能性があるということです。

現在、保健科学研究所では作業の分担、手袋の交換や消毒作業を改めて徹底しているということです。

新型コロナウイルスの感染が拡大していく一方で連日報道されているのがPCR検査を出来る医療機関・検査技師が少ないということ。

検査がどういった手順で行われているのか、どういう順序を踏んで進めていくのか分かりませんが、保健所などには今もPCR検査を希望する声が相次ぐ中、最初から最後まで1人で作業にあたるのは相当な重労働だと思います。

誤判定を出してしまったのは保健科学研究所の責任もあると思いますが、これだけ大変な状況の中に置かれているということも考慮しなければいけないと思います。

検査技師の方をはじめ、医療従事者の方たちの負担を少しでも減らすため、不要不急の外出は極力避けましょう。

保健科学研究所の場所

住所:〒240-0005 神奈川県横浜市保土ケ谷区神戸町106

みんなの反応

誤判定が38件!
陽性→陰性だったみたいで、とりあえず逆じゃなくて良かったよね。

コロナの検査ミスが多発してるのはあっちゃダメな事ではあるんだけど、それだけ検査機関がキャパオーバーに陥っているって事なのかな。
他の病気の検査もあるんだもんね。

依頼を受けといて検査ミスってあかんでしょ。

他の地域でも検査ミス出てきてるからなぁ
とりあえず油断したらダメってことだね。