こちらのサイトもおすすめ!クリックしてね!

『恋は雨上がりのように』映画と原作のラスト(結末)の違いや感想・見所は?

『恋は雨上がりのように』映画と原作のラスト(結末)の違いや感想・見所は?

『恋は雨上がりのように』は2014年~2018年にスピリッツに連載されていた人気漫画で2018年にアニメ・実写映画が公開されました。
17歳の真っ直ぐな女子高生と45歳の冴えないファミレス店長との恋と夢を追うキラキラした爽やかな物語となっています。

あらすじ

感情表現が不器用で一見クールな高校2年生、橘あきら(17)は、アキレス腱の怪我で陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけたのは店長である近藤正己(45)だった。それをきっかけに、あきらはファミレスでのバイトを始め、バツイチ子持ちで親子ほど年が違う近藤に密かな恋心を抱く。近藤は17歳という若さと無愛想な態度に、好意を持たれているとは思いもしていなかった。そんな鈍感な近藤への思いを抑えきれなくなったあきらはついに「あなたのことがすきです」と告白する。 しかし近藤は、そんな真っ直ぐな思いを受け止めることもできない。

走ることをやめたあきらと、自分と不甲斐ない人生にうんざりしている近藤は、人生の雨宿りをしながら徐々に距離を縮めていく。

主題歌

「フロントメモリー」鈴木瑛美子×亀田誠治

登場人物

橘あきら(小松菜奈) 

陸上部のエースだったが、怪我をして陸上をやめてしまった。感情表現が苦手。うだつの上がらない45歳のおじさん、 近藤正巳に恋をしている。

近藤正巳(大泉洋)

ファミレス『ガーデン』店長。45歳。バツイチ子持ち。優しいがどこか頼りない。かつては小説家を目指していたが叶わず、しかしその夢を捨てきれないでいて、何をやっても中途半端な自分にうんざりしている。

喜屋武はるか(清野菜名)

 あきらの親友。陸上部キャプテン。

加瀬亮介(磯村勇斗)

カフェレストランガーデンの ホールスタッフとしてバイトしているイケメン大学生。あきらの恋路の邪魔をする。

吉澤タカシ(葉山奨之)

あきらに好意を抱いている。学校もバイト先も同じで、積極的に近づくがあきらは吉澤のことを鬱陶しく感じていて、まったく相手にしていない。

西田ユイ(松本穂香)

ガーデンのバイト友達。女子高生。あきらとは違う高校に通っている。

倉田みずき(山本舞香)

南高校陸上部の1年生。 かなりの実力者。あきらに憧れていた。

久保さん(濱田マリ)

久保さんはガーデンのホールスタッフ。 中年のおばさんで気が強く口が悪い。

九条ちひろ(戸次重幸)

芥川賞受賞作家。近藤の大学時代の同級生。近藤と同じ文芸部に所属していた。

あきらの母(吉田羊)

あきらの母親。女手ひとつであきらを育ててきた。

みどころ

※ネタバレもあるのでご注意下さい!

店長とちひろ

大泉洋の長年のファンにとって嬉しいのは、彼の同級生役として、戸次重幸が登場することです。この2人は人気演劇ユニット『TEAM NACS』のメンバーであり、近藤とちひろと同じく大学時代からの友人でもあります。現実とのリンクに、2人のファンはニヤニヤできます。ツーショットシーン撮影中は、お互いに気恥ずかしかったとか。

原作と映画のラストの違い

原作のラストでは、近藤とあきらはただ人生の雨宿りをしていたから出会い、惹かれあったのであって、本来は決してその人生が交わることはなかった、ということが強く主張された描写になっています。だから、人生に晴れ間がさして、あきらがまた陸上の道を走りだしたら、もう二度と交わることはないのだと。原作では、近藤はあきらに恋愛感情が芽生えていることがわかる心情描写がされています。近藤はあきらが好きだからこそ、あきらがおじさんに恋をするような間違った選択を選び続けないよう、あきらを強く突き放します。映画では、二人の人生がまた交わる可能性が見いだされたラストとなっています。それは将来二人が恋仲になる可能性がある、というわけではなく、あきらが陸上から離れてバイトをし、おじさんに恋をしたことも間違った選択ではない、雨宿りは、長い人生において掛け替えのない財産になるはずだ、という近藤からのメッセージであるように感じました。高校生活という貴重な時間を、あきらはひとつも無駄になんかしてないのだと。雨宿りが、君の人生には必要だったのだと。人生の再出発を決めた同志として、またお互いを励まし合えたらいいな、二人の未来が明るいものになったらいいな、と祈りたくなるラストでした。

大人な店長

あきらの周りの人間は、部活来ないで何してるの? なんでバイトなんかしてるの? おっさんなんかに恋をするなんて気持ち悪い、と、あきらを否定することばかり言いましたが、近藤だけは違いました。否定的な声に対してその通りだと思っているけど、その上であきらの気持ちを否定せず、陸上に戻る決心がつくまで、その弱い心を壊さないよう考えてあきらに接していました。みんながみんなこういう大人だったらな、と思わずにいられません。

小松菜奈の美しさ

そして何より画面が美しい。小松菜奈演じるあきらがつくる表情すべてが美しくて、尊いものに感じました。

感想・まとめ

夢を挫折した二人が人生の雨宿りをして改めて再出発するのが清々しかったです。前向きになれる作品でした。
「女子高生がおっさんに恋をするというあり得ないシチュエーションの恋愛物語」と思って敬遠しない下さい!とても爽やかな映画です。
おじさんも自信持っていい、というメッセージが込められた映画ではありません。近藤の人柄と人間性が良かったからこそ成り立つ物語です。