動画配信おすすめはこちら!

クドカン(宮藤官九郎)うかつな行動と謝罪コロナ感染の症状や治療について語った!ラジオ

クドカン(宮藤官九郎)うかつな行動と謝罪コロナ感染の症状や治療について語った!ラジオ

クドカンこと宮藤官九郎さんは、新型コロナウイルスにより入院治療を行っていましたね。

そんな宮藤官九郎さんは4月7日に退院されていますが、27日に、月曜パーソナリティーを務めるTBSラジオ「ACTION」(月~金後3・30)に電話で生出演しました。

「自分は大丈夫だと過信してうかつな行動によって多くの人を濃厚接触者にしてしまった」と改めて謝罪しました。

これまでは書面でコメントをすることもありましたが、元気な声を聞けたのは感染が発覚してから初めてのことです。

そんな電話出演では、実際に宮藤官九郎さんが体験した新型コロナウイルスの症状やその後の治療などを詳しく告白されました。

無事に宮藤官九郎さんが回復されたということで、宮藤官九郎さんが語った新型コロナウイルスの症状や治療について、また現在の体調についても紹介していきます。

クドカンからの皆さんへの今伝えたいこと、メッセージ

 宮藤官九郎さんは電話出演の最後に「自分が今一番伝えたいことを誤解のないように文章にまとめました」と、放送前までにまとめたメッセージを読み上げました。

みなさんにお願いします。自分は大丈夫だろうと過信しないでください。今はとにかく出掛けないでください。コロナは非常にやっかいな病気だし、軽症だったとしても急変する可能性があります。そして、何より自分が感染させてしまう側になってしまいます。あの時もっと気をつけていれば良かったとか、後から悔やんでも遅いです。  感染しないように気をつけると同時に、うかつな行動により感染させる側になってしまうことをどうか忘れないでください。そうしないと今の自分のようにひたすら後悔することになってしまいますので、皆さん、僕もですけど、今は我慢しましょう。宮藤からのお願いでした。

クドカンが回復を告白!新型コロナウイルスはどんな症状

宮藤官九郎さんは新型コロナウイルスに感染し、これまで治療を続けられてきましたが回復されたということでラジオ番組に電話出演されました。

そこでは実際に宮藤官九郎さんが体験した症状なども明らかにされています。

・背中の痛み

・発熱

まず宮藤官九郎さんにはこのような症状があったとのことです。

風邪やインフルエンザなどといった症状とはどれも似ておらず、発熱も上昇や低下を繰り返ししていたようです。

そして、新型コロナウイルスの症状としてよく聞くのは味覚障害や嗅覚障害でしたが、宮藤官九郎さんの場合は味覚障害などは出なかったとのことです。

宮藤官九郎さんは3月30日、腎盂炎のため宮藤官九郎さんの出演するラジオ番組を欠席しており、翌日3月31日に新型コロナウイルスに感染していることを報告されていました。

その後入院して治療が進められてきましたが、回復されたということで4月7日に退院されています。

クドカンはアビガンを投与していた!!

入院当日に「今夜がヤマだ」と宣告されたが、アビガンを投与されて急激に回復したことを明かしました。

新型コロナウイルスとの闘病を振り返った宮藤さん。入院当日にはかなり症状が悪化しており、「今夜がヤマだ」と言われ、酸素を吸入され、人工呼吸器も用意された。同時に、治療薬の有力候補として注目を集める国産の新型インフルエンザ薬「アビガン」を投与され、「点滴しながら昼に9錠、夜に9錠飲んだ」と明かしました。

入院初日のアビガン服用で、次の日には、熱は下がってはいなかったものの「本当に症状が軽くなって、ご飯も昼くらいから食べられるように」まで回復。3日目には熱も下がった。「最初の判断が早かったんだと思います」と医師に感謝していました。

新型コロナウイルスの治療薬として今注目を集めている「アビガン」という薬ですが、この薬を宮藤官九郎さんも投与されていたことを告白されています。

このアビガンというのは新型インフルエンザ治療薬で臨床試験を開始している薬で、この薬が新型コロナウイルスに効果が見られると大きな話題になりました。

他にもアビガンを投与された元阪神タイガースの片岡篤史さんもこの薬を投与することで熱が下がるなど症状が改善される効果があったことを告白されました。

新型コロナウイルスで回復した宮藤官九郎さんの現在は?

現在は体調もすでに回復されており、体調が戻っていて薬も今は服用されていないとのことです。

退院されてから、4月20日までは経過観察という2週間の期間がありましたが、この期間で体調の変化もなく、このまま普通に生活をしていいと言われているようです。

しかし宮藤官九郎さんは、まだお出かけする気にもならないということで、経過観察期間が終了しましたが、まだ一歩も家から出ておらず自宅で静養中とのことです。

宮藤官九郎さんはこれまでにも、お仕事関係の人や家族などに感染してしまったことで迷惑をかけてしまったこと、信用を失ってしまった事を謝罪されていました。

そして宮藤官九郎さんの担当医からは「とにかく外に出ないで欲しい」と伝えてほしいということもお願いされていたようです。

最近では、有名人でも次々と感染者が確認されている中、感染してしまったことに対して謝罪をされていますが、誰もが感染してしまうリスクがある中で、果たして謝罪をしなければいけないのでしょうか?

それよりも宮藤官九郎さんの体験した新型コロナウイルスによる体に現れた症状や、治療やその後の生活についてなどをもっと興味深く聞いて、謝罪を求めるのではなくそれぞれが1人1人危機感をもっと持つことが大切だと思います。

岡江久美子さん追悼

23日に新型コロナウイルスによる肺炎で死去した女優、岡江久美子さん(享年63)についても言及しました。 岡江久美子さんは、宮藤官九郎さんが所属するロックバンド、グループ魂のミニアルバム「嫁とロック」のジャケットでモデルを務めたことがあり、「すごく気さくで周りを元気にしてくれる人だった」としんみりされていました。岡江さんのように自宅待機中に容体が急変し亡くなる方がいることに触れ、「ちょっと違う段階に入ってきているなと思った」と新型コロナウイルスの脅威を口にしました。

まとめ

宮藤官九郎さんがラジオ番組に電話出演し、実際に体験した新型コロナウイルスによる体に現れた症状や、入院中に行われた治療、そして退院後の今の姿についてまとめてみました。

それぞれ新型コロナウイルスに感染された方の症状はやっぱり異なっているようですが、非常に辛い経験だったと思います。

宮藤官九郎さんも謝罪されていましたが、謝罪だけではなくこのように実体験を語ることでたくさんの方により危機感を持ってもらえる機会になったのではないかと思います。

皆さんも感染者を責めるのではなく、もし自分が感染してしまったことを考えた時、絶対に感染しないように危機感を高めて行動しなければいけないということをまず考えなければいけないと思いませんか?

是非実体験を聞くことができた今、これまでの行動を振り返りより危機感を持った行動をとるように心がけていきましょう!!