こちらのサイトもおすすめ!クリックしてね!

ラストレターの公開はいつまで?あらすじや感想・見どころは?【映画】

ラストレターの公開はいつまで?あらすじや感想・見どころは?【映画】

手紙が繋ぐそれぞれの思い

映画『ラストレター』

今回は2020年1月に公開された『ラストレター』の紹介をしていきたいと思います。

監督は岩井俊二さん。原作もなんと監督が書き下ろされているんです。監督の体験がもとになっており、さらに監督の地元仙台で撮影された映画になっています。

まさに岩井俊二が詰まった映画、ですね。さっそく紹介に入っていきたいと思います。

まずは登場人物から見ていきましょう!

登場人物

岸辺野裕里:松たか子

遠野未咲の妹。颯香と息子の瑛斗の母で夫と4人で暮らしている。学生時代、乙坂のことが好きだった。

乙坂鏡史郎:福山雅治

売れない小説家。デビュー作以降低迷している。

遠野未咲:広瀬すず(写真)

鮎美の母。学校のマドンナ。

遠野鮎美 :広瀬すず

未咲の娘。高校3年生。母未咲が亡くなったことにより祖父母の家、未咲と裕里の実家で過ごしている。

岸辺野颯香:森七菜

裕里の娘。中学3年生。夏休み中、祖父母の家に鮎美と共に暮らす。

キャスト

出演者と過去作品やプチ情報をお届けしていきます!

松 たか子

  • 1977年6月10日生まれ
  • 東京都出身
  • 代表作は山田洋次監督『小さいおうち』、鈴木雅之監督『HERO』などがあります。 
  • 岩井俊二監督作品への参加は2回目でなんと『四月物語』以来20年ぶりに出演されます。

福山 雅治 

  • 1969年2月6日生まれ
  • 長崎県出身
  • 過去出演作には是枝裕之監督『そして父になる』、西谷弘監督『真夏の方程式』などがあります。
  • 最新作は2019年11月に公開された西谷浩監督の『マチネの終わりに』。

神木 隆之介

  • 1993年5月19日生まれ
  • 埼玉県出身
  • 過去作品に吉田大八監督『桐島、部活やめるってよ』、大友啓史監督『るろうに剣心』などがあります。
  • ジブリ作品や2016年大ヒットアニメーション映画新海誠監督『君の名は。』の声優も務めています。

広瀬 すず

  • 1998年6月19日生まれ
  • 静岡県出身
  • 是枝裕之監督『海街diary』、小泉徳宏監督『ちはやふる』シリーズなどに出演されていました。
  • 3月20日には浜崎慎治監督『一度死んでみた』の公開を控えています。

森 七菜

  • 2001年8月31日生まれ
  • 大分県出身
  • 2016年デビューの新人女優
  • 常盤司郎監督『最初の晩餐』などがあります。
  • 2019年大ヒットアニメーション映画の『天気の子』のヒロイン天野陽菜の声優も務めています。

あらすじ

ジャンルは監督の実体験をもとにしたラブストーリーです。
恋愛要素だけでなく、それぞれの蓋をした心の底の思いや死についても触れられていて人間ドラマ的な要素もありますね。

【あらすじ】

亡くなった裕里の姉未咲(広瀬すず)が遺したのは同窓会の案内と一通の手紙。裕里(松たか子)は美咲の死を伝えるために未咲に代わって同窓会に参加する。しかし学校のマドンナであった未咲に間違えられてしまい、未咲の死を伝えることができなくなってしまった。帰ろうとする裕里を乙坂(福山雅治)が引き留め、連絡先を交換する。しかし、連絡を交換したことが夫にばれ、携帯を壊されてしまう。それをきっかけに裕里と乙坂の文通がはじまるのだった。裕里は未咲のふりをして手紙を書き続けた。ある時、手紙の中の一通が鮎美の元へ届き、そこから学生時代の思い出へと廻り始める。未咲(回想:広瀬すず)と乙坂(回想:神木隆之介)、そして裕里(回想:森七菜)の初恋の思い出が明らかになっていく。手紙が世代を超えて様々な思いを動かしていく。果たしてラストレターとは一体何だったのか。

ラストレターが一体何だったのか、気になりますね・・・!
観た後はとっても淡くてきらきらした青春も描かれていてどこか懐かしい気持ちになりました。
現実のような、夢のようなその狭間にいる不思議な感覚になります。
ずっとこの時間が続いて欲しいなあと思ってしまいました。

主題歌

主題歌がとっても作品の雰囲気とマッチしていて聴き心地がとても良かったです。その主題歌を歌っているのは颯香と裕里の回想シーンを演じた森七菜さん!

「あの夏、仙台で私が見てきたものをすべて届けたいと思った」とインスタグラム内でもおっしゃっていました。その言葉通り『ラストレター』の作品への思いがつまった曲になっています。

題名は「カエルノウタ」。

作詞は岩井俊二監督、作曲は本作の音楽を担当した小林武史さん。

岩井俊二監督と小林武史さんは1996年公開の『スワロウテイル』でもタッグを組んでおり、2人の再タッグを喜ぶ声も上がっていました。

歌声がとても良いです!エンドロールで流れた瞬間、なぜか涙がこぼれました。歌がとても胸に染みます。森七菜さんが歌っていると知って好きになりました。もちろん演技も自然ですごくかわいかったです。

作品の世界観をさらに膨らませてくれる音楽も見どころの1つとなっていますので是非ご注目を!

見どころ

見どころは何といっても監督の地元である仙台の風景や自然の美しさではないでしょうか。最初に映されるシーンの自然の美しさや最後のシーンで映される風景は胸にこみ上げるような感動がありました。

一瞬一瞬が写真のような、未咲や裕里たちが見た景色をぜひ見てみたいものです。

手紙がきっかけに生まれた人間が織りなすドラマ、甘酸っぱくもほろ苦い青春、世界観にマッチした音楽、そして仙台を映した映像美。注目して観るとより楽しめるかと思います。
最後に言えるのは広瀬すずちゃんはやっぱりかわいいっていうことですね。

これから初めて観る方も、リピーターの方も劇場で確認してみてください!