動画配信おすすめはこちら!

岩手県/済生会陸前高田診療所でコロナ感染の医師(宇都宮市)が勤務!行動歴は?

岩手県/済生会陸前高田診療所でコロナ感染の医師(宇都宮市)が勤務!行動歴は?

4月15日、「済生会宇都宮病院」勤務する30代男性医師が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

30代医師は4月10日、岩手県陸前高田市の「済生会陸前高田心療所」で診療を行っていたことも判明。

岩手県といえば日本でまだ感染者が出ていないことでも知られています。

男性医師の詳細や行動歴などについてまとめていきたいと思います。

「済生会宇都宮病院」勤務の30代男性医師が感染!詳細や行動歴は?

30代男性医師は宇都宮市に在住。

行動歴や症状はこちら

・3月27日~28日:新潟市で親族の葬儀に母親と出席。
・28日:宇都宮へ帰る。マスクは着用し、新幹線で移動。
・30日~31日:38度台の発熱
・ 4月 1日:解熱。以後発熱なし。
・3日:市内医療機関を受診。マスクは着用し、自家用車で移動。
・6日:済生会宇都宮病院で受診。肺炎の症状なし。
※3月29日~4月6日まで休暇。病院への受診以外は自宅で過ごす。
・7日:宇都宮中央病院で勤務
・8日~9日:済生会宇都宮病院で勤務
・10日:岩手県陸前高田市の済生会陸前高田心療所で勤務。マスクは着用し、新幹線と医療機関のバスで移動。
・11日:県外の医療機関で勤務。マスクは着用し、新幹線・在来線で移動。
・12日:自宅で休暇
・13日:済生会宇都宮病院で勤務
・14日:宇都宮中央病院で勤務。 新潟市居住の母親のPCR検査結果が陽性と本人に連絡が入る。 帰国者・接触者外来にて検体を採取し、陽性が判明する。 現在症状はなし。 
※済生会宇都宮病院・宇都宮中央病院への移動には自家用車を使用。

済生会陸前高田心療所の医師ら陰性

4月10日に男性医師が勤務した岩手県陸前高田市の「済生会陸前高田心療所」で当日一緒に勤務していた医師ら11人のPCR検査の結果が陰性だったことがわかりました。

また、当日診療所を利用した患者93人は、健康状態について経過観察を行っていくようです。

宇都宮市で新型コロナウイルス感染が確認された30代の男性医師の濃厚接触者に当たる恐れがあるとして、PCR検査を受けていた陸前高田市の済生会陸前高田診療所の医療スタッフ11人は、全員「陰性」でした。

岩手県が15日夜に発表しました。

引用:Yahoo!ニュース

Twitterの声

しかし何気に同じ済生会だからって、1人の医師が栃木と岩手の診療をこなさなきゃならないの、ほんとに過酷だな。しかもこの先生、宇都宮の別の病院も掛け持ちしてるようだし。 よほど優秀な先生か?

ぽちもち@pochimo6241

岩手、強し!!

実梨@millimetre_mm

全員陰性… この岩手の鉄壁のディフェンス力。以前も県内に滞在していた人が他所でコロナ陽性で、濃厚接触者調べたが全員陰性。 県民に何か特別な抗体があるかもしれんぞ

@marinos_tweet