動画配信おすすめはこちら!

鹿児島市で高校生が新型コロナに感染!どこの学校?やクラスターの可能性は?

鹿児島市で高校生が新型コロナに感染!どこの学校?やクラスターの可能性は?

鹿児島県鹿児島市で、高校1年生の男子生徒が新型コロナウイルスに感染していることが4月8日の夜確認されました。

この男子生徒の親族が新型コロナウイルスに感染していることが発覚しており、寮に住んでいたこちらの男子生徒は濃厚接触者ということもあり隔離されていました。

しかし残念ながら男子生徒も新型コロナウイルスに感染していたことがわかりました。

そこでこの男子高校生が通っている学校や、濃厚接触者やクラスターの可能性についても詳しく紹介していきます。

男子高校生の症状は?

鹿児島県で確認された高校1年生の男子生徒は、親族に新型コロナウイルスに感染していることが確認されたことから、4月8日に帰国者・接触者外来を受診して検査が行われ、陽性であることが確認されました。

こちらの男子生徒は今鹿児島県内にある指定医療機関に入院中ということですが、症状は現れていないようです。

親族に新型コロナウイルスに感染している方が確認されたということもあり、こちらの男子生徒は濃厚接触者ということで検査が行われた様ですね。

男子高校生の行動履歴は?

症状は出ていないということですが、県内の指定医療機関に入院中の男子高校生は、4月3日一人で福岡市から新幹線で鹿児島市に入りました。

こちらの男子高校生は、鹿児島市に入りタクシーを利用して学校に移動しており、そのまま校内にある寮で生活をしていたようです。

そしてこちらの寮では個室だったようです。

またこちらの生徒が利用していた寮では感染拡大予防のために、食事や入浴の時には少人数になるように対策も行われていました。

そして4月4日には入学式に出席しており、生徒200人ほどと保護者が入学式に出席していたようです。

4月5日は学校がお休みで、同級生と一緒にテニスをしていました。

そして4月6日と4月7日にはクラスで授業も受けており、授業中も常にマスクはされていたようです。

ただ4月7日の夕方に親族の感染が確認され、こちらの男子生徒は寮の一室で隔離されていました。

翌日4月8日に生徒の感染が確認されています。

男子高校生の通う学校は?

症状は出ていないが新型コロナウイルスの感染が確認された高校1年生の男子生徒は、「ラ・サール学園」の1年生の生徒です。

感染が確認されて以降、こちらの男子生徒からは詳しく行動履歴や接触者について調べられていました。

結果寮に入った4月4日から4月7日の間にかけて食事やスポーツを一緒にしていた友人が発覚しています。

その友人は15人いるそうで、この15人もPCR検査が行われるそうです。

この15人の新型コロナウイルスの感染結果は4月10日の夜までには確認が取れる見通しとなっています。

ラ・サール学園でクラスターが発生する可能性は?

4月8日に新型コロナウイルスに感染していることが判明した男子生徒が通う、ラ・サール学園では、この生徒とともにスポーツや食事を取った15人の友人のPCR検査が行われています。

4月10日の夜までには検査結果が判明する見通しとなっているようですが、とても気になるのはこちらの学園でクラスターが発生している可能性があるかどうかです。

まず濃厚接触者ですが、濃厚接触者というのは、発病した患者と一緒にその後も一緒に同居していたり長時間接触があった人についてを定義とされています。

そのため現在検査が進められている15人の友人については、濃厚接触者ではないのだそうです。

感染が確認された男子生徒はその後も症状が出ていないため、友人らは濃厚接触者には当てはまらないと言われています。

しかし症状が出ていない場合でも接触があったということで、念のためにPCR検査を勧めているようです。

15人の検査が現在進められているということで、クラスターの可能性は低いと思いますが、全員の検査結果が陰性であることを願うばかりです。

まとめ

10代の男子高校生が新型コロナウイルスに感染していることを受け、友人など15人のPCR検査も実施されていることがわかりました。

学校や寮で生活をしていたということで、クラスターの心配もありますが、現在検査中の15人の検査結果が陰性であることを願うばかりです。

そして陽性と確認されていますが、何よりもこちらの生徒が症状が出ていないというのは安心です。