動画配信おすすめはこちら!

相撲界新型コロナウイルス感染力士は誰?症状や相撲界の対応は?

相撲界新型コロナウイルス感染力士は誰?症状や相撲界の対応は?

先日、幕下以下の力士1人が新型コロナウイルスに感染している可能性があるという報告があり、たくさんの方が心配されていたと思います。

そしてついに4月10日、感染の疑いがあった力士の陽性反応が出たということで、新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。

芸能界でも新型コロナウイルスにより命を落としてしまった方や、感染者が続々と増えている中、ついに相撲界からも一人の感染が確認されてしまいました!

今回確認された力士について症状や相撲界の今後の対応についてもまとめていきます。

新型コロナウイルスの感染が確認された力士は誰?

4月9日日本相撲協会から、力士1人が新型コロナウイルスの感染の疑いがあると発表がありました。

この度感染が確認された力士についてですが、今のところ誰なのか、また所属する相撲部屋については発表されていません。

先日の発表では「複数協会員」とされていたので、いずれかの相撲部屋全体で感染が起こっている可能性がありますね。

相撲部屋というのは力士が集まってしまう場所なので、今回確認された力士以外にも感染が広がっていないかとても心配になってしまいます。

新型コロナウイルスの感染が確認された力士の症状や容態は?

日本相撲協会から4月10日、幕下以下の力士1人が新型コロナウイルスで陽性が判明したことを発表しました。

この発表によって力士の感染が確認されたのは初めてです。

今回感染が確認された力士は、発熱などの症状があったことから4月8日に簡易的検査を受けていました。

この時陽性と伝えられていたようですが、翌日4月9日には病院から陰性だったと連絡が入りました。

その後、疑いのあった力士は都内の病院に入院して再度検査を受け、4月10日に陽性であったと発表されています。

こちらの力士は4月8日に発熱があり、二日ほどで熱は解熱したようですが、再び高熱が出て体の倦怠感や息苦しさ、血痰の症状が見られるなど様々な症状が現れていたようです。

さらにこちらの力士は持病も持っていたということです。

力士の感染を確認! 相撲界での今後の対応は?

相撲界ではこれまで感染者が一人も出ておらず、大阪で行われた春場所は無観客で開催するなど大きな話題を集めました。

これまでにも感染者が出ないよう徹底した体調管理が行われていたようです。

例えば一日二回の検温、さらに移動にはタクシーを使用、不要不急の外出は自粛するなど徹底されていました。

そして相撲協会の中でもし一人でも新型コロナウイルスの感染者が出た場合には即中止ともされていました。

大阪で行われた春場所中には、平幕の千代丸、また複数の力士に発熱が確認されたこともありましたが、いずれもPCR検査で陰性だったことがわかっており、無観客で春場所を無事に終えることができていました。

そして今回陽性が確認された力士が所属している相撲部屋では、この力士以外にも体調不良を訴えている力士が複数いるようです。

その中で検査を受けたのは一人でしたが、今現在力士が所属している相撲部屋は稽古を中止しているようです。

そしてもし感染が確認された場合は全員PCR検査を受けることになっていました。

今回、疑いがあった力士に陽性反応が確認されたということで、今後同じ相撲部屋に所属している力士は全員PCR検査を受けるのではないかと思われます。

相撲はどうしても肌と肌で触れ合うことも多いですし、同じ相撲部屋で共同生活をするのでどうしてもクラスターが発生しやすい場所と言えます。

一刻も早く全員のPCR検査が行われ、相撲界全体に新型コロナウイルスが広がらないことを願うばかりです!

まとめ

日々全国で新型コロナウイルスの感染者が確認されている中で、ついに相撲界にもウイルスの猛威が迫ってきています。

幕下以下の力士に感染の疑いがありましたが、ついに4月10日陽性であることが判明しました。

この力士が所属する相撲部屋では稽古は中止されており、同じ相撲部屋に所属する力士にも症状が見られる様です。

この力士が陽性であった場合、全員のPCR検査が行うと言われていたので、今回陽性だったということもあり一刻も早くPCR検査を実施してほしいと思います。

そして今回陽性が確認された力士の一刻も早い回復、そして相撲界にウイルスが蔓延しないことを願うばかりです!