動画配信おすすめはこちら!

広島県三次市で高齢女性の新型コロナウイルス感染確認!!

広島県三次市で高齢女性の新型コロナウイルス感染確認!!

広島県では、4月に入って、新型コロナウイルスの感染確認が徐々に増えてきています。

そして新たに4月9日の夜、広島県三次市で80代の女性が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

それでは詳しい情報をまとめていきます。

広島県三次市の高齢女性の症状は?

広島県では4月9日に、広島県三次市に住む無職の80代の女性が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表がありました。

かなり高齢の女性なので、症状の方がとても心配です。

まず4月3日に咳の症状が現れました。

そして翌日4月4日には、微熱の症状が現れたため医療機関を受診しています。

その後も症状が改善されないことから、4月6日・4月7日にも、4月4日に受診された同じ病院を受診されていることがわかりました。

しかしやはり症状が改善されることなく続いていたため、4月8日に最初に受診した病院とは違う医療機関を受診したようです。

そこで肺炎の症状が確認されたということで、PCR検査が行われました。

そして、4月9日には新型コロナウイルスに感染していることが判明し、県内にある感染症指定医療機関に入院されているようです。

新型コロナウイルスが陽性と診断されたこちらの80代の女性ですが、重症ではありますが意識はあるそうです。

広島県三次市の高齢女性の行動履歴や濃厚接触者は?

4月9日に新型コロナウイルスに感染していることが確認された、広島県三次市に住んでいる80代の女性は現在感染症指定医療機関に入院中とのことです。

こちらの女性ですが、症状が確認される2週間の間で、女性の住む広島県三次市以外へ外出したということはありませんでした。

ただこの2週間の間で、介護サービスで通所や訪問のサービスを利用されていたことがわかっています。

この女性は一人暮らしをされていたようで、同居している家族はいません。

そして、発症するまでの2週間の間で介護サービスを利用していたということで、今現在濃厚接触者も調査が行われているそうです。

おそらく介護サービスの利用で、デイサービスなどを利用されている場合は、発症するまでの2週間の間にたくさんの方々と接触されていると思うので、高齢の方が多いということもあり濃厚接触者の特定を急いでほしいと思います。

そして少しでも早く周囲の方々の検査も行って欲しいと思いました。

もしかすると、こちらの女性は介護サービスの利用以外では広島県三次市を出ていないということなので、介護サービスの利用中に感染した可能性がありますね。

広島県三次市の新型コロナウイルス感染確認は2例目!!

4月9日、広島県三次市に在住の80代の高齢女性が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

この女性の確認によって広島県三次市では2例目となっています。

1例目に新型コロナウイルスに感染していることが確認されたのは、同じく広島県三次市に在住の80代の女性でした。

こちらの女性は、3月3月16日から28日にかけて訪問介護のサービスを受けていたことがわかっています。

こちらの女性は、訪問介護サービスを受けていた期間に、関係者5人と接触していたことが判明しています。

この5人に対しては今後PCR検査が実施される予定と発表されていました。

現在の1例目に確認された80代の女性は症状は安定しているそうです。

まとめ

4月9日には2例目となる広島県三次市で高齢女性の新型コロナウイルス感染が確認されました。

どちらの女性も介護サービスを利用していたということで、サービスの利用中に感染した可能性がありますね。

高齢の方々なので、とっても心配ですが、早く良くなって欲しいと思います。

そして、周囲にもたくさんの高齢の方々もいると思うので、クラスターが起こっていたということがないことを願いたいものです!!

【追記】

4月12日未明に、この高齢女性が利用する介護施設『水明園』でクラスターが発生したことが分かりました。

幸い重症者はいないようですが、一日も早く回復してほしいです。

《関連記事はこちら》