動画配信おすすめはこちら!

アイネクライネナハトムジーク原作との違いや評価・感想・見どころは?【映画】

アイネクライネナハトムジーク原作との違いや評価・感想・見どころは?【映画】

2019年9月20日公開、映画『アイネクライネナハトムジーク』。
ベストセラー作家の伊坂幸太郎による小説が原作で、三浦春馬、多部未華子が共演する恋愛群像劇。
監督は『愛がなんだ』の今泉監督。

こちらの記事では、あらすじやキャスト、原作との違い、感想などをご紹介していきたいと思います!

映画「アイネクライネナハトムジーク」の
フル動画は『U-NEXT』で配信中です!
現在(2020年6月時点)レンタル作品(有料:550円)ですが
初回登録で貰える600円分のポイントを利用して
無料でフル視聴
することができます!

初回登録は31日間無料 &600ポイントプレゼント!/

あらすじ

先輩がデータを飛ばしてしまった連帯責任で街頭アンケートをすることになった会社員の佐藤。
近くでストリートミュージシャンの歌を聴いていた本間紗季に声をかけ、アンケートのお願いをした。
その時たったそれだけで終わるはずだった関係が、偶然が重なり、やがて出会いは必然になっていく。目の前のその人としか繋がっていないようでいて、ずっと遠くの人まで縁は繋がっていくといった人の絆を描いた物語です。

キャスト

  • 佐藤:三浦春馬
  • 本間紗季:多部未華子
  • 織田一真:矢本悠馬
  • 織田由美:森絵梨佳
  • 織田美緒:恒松祐里
  • 久留米和人:萩原利久
  • ウィンストン小野:成田瑛基
  • 亜美子:八木優希
  • 斉藤:こだまたいち
  • 板橋香澄:MEGUMI
  • 久留米邦彦:柳憂怜
  • 久留米マリ子:濱田マリ
  • 青年:藤原季節
  • 少年:中川翼
  • 女子高生:祷キララ
  • セコンド:伊達みきお(サンドウィッチマン)
  • セコンド:富澤たけし(サンドウィッチマン)
  • 美奈子:貫地谷しほり
  • 藤間:原田泰造

原作者は伊坂幸太郎

アイネクライネナハトムジークには原作があります。原作者は伊坂幸太郎さん。
代表作に“重力ピエロ”や“アヒルと鴨のコインロッカー”、“ゴールデンスランバー”などがあり、様々な賞を受賞するとともに、映画化もされている超有名作家です。

現在住んでいる仙台市を舞台とした話が多く、登場人物たちの行動がリンクしながら紡がれているストーリーに定評があります。
人と人が繋がって日々が続いているのだということをしみじみと感じさせられるストーリーが多いです。

原作との違い

原作は、6編の短編によって成り立っており、それぞれに主人公がいます。
映画には登場しなかった主人公も居ますが、それぞれに繋がりがあり、読み進めるうちに全体像が把握できたり、前編の主人公の今が分かったり、端々にもしかしてこれって…?と気付く楽しみがあります。

映画では、第一話の『アイネクライネ』の主人公である佐藤と、『ライトヘビー』の主人公である美奈子の二人の視点をクロスさせながら、友人、恋人、家族との繋がりを描いていきます。
原作から一部抜き取って再編集したのが映画という感じです。
映画を観た上で原作を読むことで、新たな発見があり、更に楽しむことができるでしょう。

原作秘話

実はこの話、シンガーソングライターの斎藤和義さんが伊坂幸太郎さんに作詞を依頼したところ、「(歌詞を書くことはできないが)小説を書くことなら」と作り上げられたものなんだそうです。
この作品自体も、ご縁から生まれたものであることが分かるエピソードです。

評価や感想・口コミ

受賞歴などはありませんが、観た人の評価は高いです。
監督は東京国際映画祭に出品されたこともあり、シナリオだけでなくお笑いの道に触れたこともある異色の監督今泉力哉さん。
テンポよく繰り広げられていく恋愛群像劇は、原作通り現実的な色味も強いですが、織り交ぜられる少しのドラマチック感が人に共感と胸の高鳴りを呼び起こします。

映画を観た人の感想で多いのは、

伏線の張り方と回収の仕方が見事

様々なカップルが居るので、どこかに共感を見つけられる

日常の中の大切な時間や関係を見ていると和む

といった意見です。
原作の伊坂幸太郎さんは、ミステリにおいても、人間模様や事件の伏線を張り巡らせるのが得意で、またきちんと全ての伏線を回収していくことにも長けています。
原作の良さをきちんと残したまま、映画を練り上げた監督への賛辞が多い印象です。

また、劇的なことはなかなか起こらない日常を、ちょっとだけドラマチックにする。
そんな脚本を際立たせるような穏やかな演技が見事な俳優陣にも好意的な意見が多く寄せられているようです。

アイネクライネナハトムジークの見どころは?

ずばり、交錯する視点と、人との繋がり、ではないでしょうか。

日常の中では繰り返されることばかりになりがちですが、少し視点を変えると、いくらでもドラマチックな展開があるものです。視点が変わるごとにその人が何を思っているのか考えながら見ていくと、あっという間の2時間です。

俳優陣も三浦春馬さん、多部未華子さん、貫地谷しほりさん、原田泰造さんなど主役級の人たちが出演されており、名演技がひしめています。
また、濱田マリさんやMEGUMIさん、サンドイッチマンのお二人などテレビで何度も見かけたことのある人たちが脇をしっかり固めています。
豪華な俳優陣も見どころの一つと言えるでしょう。

まとめ

映画『アイネクライネナハトムジーク』のストーリーや見どころ、感想などについて紹介してきました。

テンポよく展開される恋愛群像劇は、日常のちょっとしたスパイスとなり、日々の見え方を少しだけ変えてくれるでしょう。