動画配信おすすめはこちら!

犬鳴村は実在する?エンドロールに女性の霊?撮影秘話や感想【映画】

犬鳴村は実在する?エンドロールに女性の霊?撮影秘話や感想【映画】

2020年2月7日(金)より公開されている映画『犬鳴村』。
知る人ぞ知る、都市伝説でお馴染みの『犬鳴村』がついに映画化。
監督は「呪怨」シリーズなどで知られるホラー映画の名手・清水崇監督。
福岡県に実在する心霊スポットが舞台です。
主演は三吉彩花。

怖がりな私には苦手ジャンルですが、映画『犬鳴村』をご紹介していきたいと思います、、、( ´ Д`)

『犬鳴村』あらすじ

臨床心理士の森田奏の周りで突如、奇妙な出来事が起こり始める。
「わんこがねぇやに ふたしちゃろ~♪」
奇妙なわらべ歌を口ずさみ、おかしくなった女性、行方不明になった兄弟、そして繰り返される不可解な変死・・・。
それらの共通点は心霊スポット【犬鳴トンネル】だった。
「トンネルを抜けた先に村があって、そこで××を見た・・・」
突然死した女性が死の直前に残したこの言葉は、一体どんな意味なのか?
全ての謎を突き止めるため、奏は犬鳴トンネルに向かう。
しかしその先には、決して踏み込んではいけない、驚愕の真相があった・・・!
公式サイトより

予告コワクテシンドイ、、、( ´ Д`)

『犬鳴村』キャスト

森田奏:三吉彩花

森田悠真:坂東龍汰

成宮健司:古川毅

籠井摩耶:宮野陽名

西田明菜:大谷凜香

優子:奥菜恵

圭祐:須賀貴匡

田中健

遼太郎:笹本旭

森田康太:海津陽

山野辺:寺田農

中村隼人:石橋蓮司

森田晃:高嶋政伸

森田綾乃:高島礼子

『犬鳴村』感想まとめ

観に行かれた方たちの感想をまとめました。ネタバレはありません。

・元々ホラーは苦手だけど、舞台となった現場からすぐ近くに住んでいるからこそ、見ておかなければいけないと感じた映画だった

・この作品を通して当たり前のように享受している資源の背景には、犠牲を余儀なくされた存在があるということを忘れてはいけないと認識させられた、そんな作品だった

・実際に今でも心霊スポットになっているので、色々と配慮されていると感じたが、ストーリー性もあり怖いと感じることもあり、想像していたよりも質も良い作品になっていた

・想像よりも見ごたえのあるいい作品だったので、もう一度見てみたくなった

・よくあるホラー映画のわざとらしいというか、非現実的な雰囲気が抑えられていたと思う

・昼間のシーンでも怖いと感じられるのはホラー映画の中でも新しい

・スタッフがお祓いをしているのか気になった・・・

『犬鳴村』は本当に実在するのか?

さて作品の舞台となる『犬鳴村』は実在するのでしょうか?
まず、福岡県宮若市にある「旧犬鳴トンネル(犬鳴隧道)」が日本屈指の心霊スポットとして広く知られています。
そのトンネルの先に、地図には載っていない『犬鳴村』という集落があり、入ったものは惨殺される、という都市伝説があります。

たしかに、この旧犬鳴トンネルで殺人事件や死体放棄などがあったのは事実ですが、トンネルを抜けて犬鳴村に入ったものは惨殺された、などといった話は定かではありません。
かといって、侵入してトンネルの中に入っても反対側の入り口も塞がれているので、『犬鳴村』が本当にあるのか確かめることはできません。

映画内でも再現されていますがこの旧犬鳴トンネルの入り口にはコンクリートのブロックで中に入れないように封鎖されています。
トンネルの長さは約150mあるといわれており、トンネル開通当時でも薄気味悪く、交通量も少なかったとか、、、。
トンネル内は素掘りになっているため地下水が滴り崩落の危険性もあり、かなり朽ちてきているようです。

怖いもの見たさでたくさんの方が足を運んでいるようですが、トンネルに行くまでの犬鳴峠という山道には「自己責任で」という文字が掲げられているようです。
この案内板を見るだけでも安易に足を踏み入れてはいけない場所なのだろうと感じてしまいますね、、、。
また険しい山道や、崖崩れが起きている所もあるようなので、とても危険です。そんな場所も映画内で再現されているようなので気になる方は映画館でぜひ!

※旧道の入り口には監視カメラがあり、無断での立ち入りは禁止されています。処罰の対象となりますのでお気を付けください、、、。

実際には犬鳴村ではなく、「犬鳴谷村」と呼ばれる集落が実在していました。
現在は若宮市犬鳴という名前で、地名として残っているようです。
そしてこの村の中心地に犬鳴ダムが建設されることとなり、ここに住んでいた居住者は周囲の町へ移転し、村はダムの底に沈んでいます。

カメラが壊れた!?エンドロールに女性が!?撮影秘話!!

1月22日、舞台となった旧犬鳴トンネルに一番近い福岡県若宮市の廃校になっている小学校で試写会が行われました。
主演の三吉彩花さんが撮影中の秘話を語られました。
三吉彩花さんには福岡県出身の友人がたくさんいるようで、犬鳴村が映画化されると話すと「あそこはやばいよ!」と言われたり、実際にその場所へ行った方の話では、「その場では何も起こらなかったけど写真にガッツリ映っていた」 なんて話も聞いて驚いたようです。

その他にも撮影中で、なんで今?というタイミングでカメラが壊れた
、待合室にカメムシが50匹いたりと怖い体験もされていたようです。

映画のエンドロールでは、実際の旧犬鳴トンネルを撮影した映像が3分間流れるようですが、2分50秒当たりで女性の影らしきものが映り込んでいるとのことです。
ちょっと怖いのでご自分で確かめてくださいね(^-^)

\こちらの関連記事もどうぞ!/