こちらのサイトもおすすめ!クリックしてね!

うたのはじまり/上映館や制作のきっかけは?【ドキュメンタリー映画】

うたのはじまり/上映館や制作のきっかけは?【ドキュメンタリー映画】

2020年2月22日(土)より順次公開中の『うたのはじまり』は、耳の聞こえない写真家・齋藤陽道が、嫌いだった“うた”に出会うまでの記録が描かれたドキュメンタリー映画です。

『うたのはじまり』

だいじょーぶって、心からこぼれおちた。
ある日、息子への子守歌が生まれた――。
“ろう”の写真家が、嫌いだった「うた」と出会うまでの記録。
“ろう”の写真家、齋藤陽道。20歳で補聴器を捨てカメラを持ち、「聞く」ことよりも「見る」ことを選んだ。
彼にとっての写真は、自分の疑問と向き合う為の表現手段でもある。
そんな彼の妻・盛山麻奈美も“ろう”の写真家である。そして彼女との間に息子を授かった。“聴者”だった。
幼少期より対話の難しさや音楽教育への疑問にぶち当たり、「うた」を嫌いになってしまった彼が、自分の口からふとこぼれた子守歌をきっかけに、ある変化が訪れる。
生後間もない息子の育児を通して、嫌いだった「うた」と出会うまでを切り取った記録。
抱いた赤子に突然泣かれ、ふと子守歌がこぼれる、誰にでもある経験。
音は「どんな色をして、どんな形をしているのだろうか?」。
無意識に現れた「うた」は一体どこから来たのか。
監督は、古川日出男等による朗読劇「銀河鉄道の夜」の活動を二年に渡り追ったドキュメンタリー映画『ほんとうのうた』(14)、七尾旅人が戦死自衛官に扮したライブ映像作品『兵士A』(16)等の河合宏樹。
公式サイトより

・齋藤陽道(さいとうはるみち)

1983年、東京都生まれ。都立石神井ろう学校を卒業。写真家。
窪田正孝の写真集やMr.Children、クラムボン、森山直太朗などのアーティスト写真を手がけてきた。

・盛山麻奈美

・盛山樹

・七尾旅人

・船屋法水

・CANTUS

・ころすけ

・くるみ

・齋藤美律子

・北原倫子

・藤本孟夫

『うたのはじまり』感想まとめ

実際にこちらをご覧になった方の作品を観た感想を紹介していきたいと思います。

・音のない世界が分からない私にとって、耳が聞こえない人が感じる音楽とはどんなものなのだろうかとても考えさせられた

・自分は耳が聞こえているが絵字幕の上映会で作品を見た。本当に素直に綺麗だなと感じた

・実際に耳が聞こえない人の絵字幕で見た感想も聞いてみたくなった

上映劇場

公式ホームページにて、上映されている劇場の情報があったので、たくさんの方に観て欲しい作品として、上映中の劇場を紹介していきたいと思います。

【東京】

・シアター・イメージフォーラム:2/22(土)~ 3/27(金)
・シネマ・チュプキ・タバタ:4/2(木)〜4/30(木)※4/29(水・祝)を除く水曜休映

【京都 】

・京都みなみ会館:3/27(金)~

【大阪】

・シネ・ヌーヴォ:3/28(土)~

【兵庫】

・元町映画館:3/28(土)~4/10(金)

【愛知】

・名演小劇場:3/28(土)~

【富山】

・ほとり座:4/4(土)〜4/17(金)

【神奈川】

・横浜シネマ・ジャック&ベティ:4/11(土)~

【沖縄】

・ゆいロードシアター:4/12(土)~4/26(日)

【栃木】

・宇都宮ヒカリ座:5/9(土)~5/22(金)

【広島】

・横川シネマ:5/15(金)〜5/31(日)

【群馬】

・シネマテークたかさき:上映決定

作品を制作したきっかけ

今回の作品はドキュメンタリーとなっており、なぜ耳が聞こえない人が好きではなかった音楽と巡り会うことになったのかとっても気になったので調べてみました。

『うたのはじまり』の監督を務めたのは河合宏樹さん。学生時代から自主映画を制作されてきたようです。

震災が起こってからはミュージシャンやパフォーマーなどに焦点を当て撮影を続け、時にはドキュメンタリーとして作品化もされてきました。

そんなとき、河合さん宅に赤ちゃんが産まれ、あやすためにぽろっと溢れた歌、その歌や音楽の本来の役割は何だったのか・・・ 主人公とともに数年間考え続けてきたようです。

そして誰もが持っている歌心に対して、また現在の音楽との接し方についてもう一度その根源を思い出してほしいという思いがあり、今回ドキュメンタリー映画を制作されることとなったようです。

まとめ

私たちのように耳が聞こえている人にとって、音が聞こえたり音楽を聞いたりするのは当たり前になっていますが、なんで私たちが日頃から音楽を聴いているのか、あまりその理由って考えることがありませんよね。

この作品を通して音楽に対しての思いや接し方など、その理由などをもう一度考えてみるきっかけになるのではないかと感じました!