動画配信おすすめはこちら!

Red/あらすじ・キャスト・感想まとめ(ネタバレなし)【映画】

Red/あらすじ・キャスト・感想まとめ(ネタバレなし)【映画】

累計20万部を売り上げた、直木賞作家の島本理生による初の官能小説『Red』が映画化。2020年2月21日(金)より公開(R15+指定)し、監督は三島有紀子、主人公の村主塔子役には夏帆。運命の男・鞍田秋彦役に妻夫木聡。大人のラブストーリを描く。

『Red』あらすじ

大雪の夜、車を走らせる男と女。先が見えない一夜の道行きは、ふたりの関係そのものだった。
誰もがうらやむ夫、かわいい娘、“何も問題のない生活”を過ごしていた、はずだった塔子。
10年ぶりに、かつて愛した男・鞍田に再会する。
鞍田は、ずっと行き場のなかった塔子の気持ちを、少しずつ、少しずつほどいていく…。
しかし、鞍田には“秘密”があった。
現在と過去が交錯しながら向かう先の、誰も想像しなかった塔子の“決断”とは――。
映画オリジナルの愛の行方、その結末に、切なく、心揺さぶられる。
公式サイトより

『Red』キャスト

・村主塔子:夏帆

一流商社勤務の夫と娘、夫の両親と何不自由ない暮らしをしていたが、かつて愛していた男と再会し心を動かされて本当の自分に気づいていく。

・鞍田秋彦:妻夫木 聡

建築家。塔子が学生時代にアルバイトをしていた設計事務所の社長を務めている。当時、結婚をしていたが塔子と男女の関係にあり、10年ぶりの再会で気持ちを通わせていく。

小鷹 淳:柄本 佑

鞍田と同じ設計事務所の営業で働いており、強引なところはあるがどこか憎めない性格の持ち主。塔子と鞍田の関係を見抜いている。

・村主 真:間宮祥太朗

塔子の夫で家族想いで悪気はないものの価値観のズレによって無自覚に塔子を追い詰めていってしまう。

・ふみよ:片岡礼子

・睦夫:酒向芳

・村主麻子:山本郁子

・村主 宏:浅野和之

・緒方陽子:余貴美子

『Red』感想まとめ

では実際にご覧になった方の感想をまとめていきたいと思います。

・自分は50歳を過ぎていますが、男性と女性では感じ方が違うのだと思うが、作品を通して自分の妻と照らして考えてしまった、そしてやっぱり人生では本当に人を好きになることはあまりないということをこの歳になってつくづくと感じた

・女性って生きていると様々な場面で選択を強いられることがあり、それも男性よりも選択肢によっては周りからまた世間から批判されてしまうことが多いのも女性だと感じる

・何かを好きになるということは人間に与えられた最高の能力なのかもしれない、そしてその能力は平成の隅々まで影響を及ぼす・・・そんなことを感じる作品だった

・この作品に出演している妻夫木聡さんのミステリアスな雰囲気がとても素敵だった

・人生の最後誰と何を選択するかによって、何かを捨てなければいけないということ、そして当然のように求められる母性への葛藤など、なぜ悲しいか言葉にはできないが涙が溢れて止まらなかった

・よくある不倫映画で特別なものではない。恋愛するのも別れるのも夫婦の自由だが、残されてしまった子供が一番かわいそうだと思った

まとめ

今回は映画「Red」を紹介いたしましたがいかがでしたか?

この作品はただ単に不倫話と言いくるめられてしまえばおしまいですが、この作品の中で答えのない選択をしようとしている一人の女性の姿を見て、何か感じることがあるのではないかと思います。

結婚をして子供がいると、女である前に妻として母親としてという目線で見られてしまいがちですが、その中に自分らしさというものは残っていますか?

正しいとは何なのか・・・幸せとは何なのか・・・その答えってなかなか正解があるものではありません。

そんな中で私たちがどのように選択するべきなのか、自分のための選択ってなかなかできることではないですが、この作品を通してそんなシンプルな考え方をもう一度見つめ直すことができるのではないかと思いました。