こちらのサイトもおすすめ!クリックしてね!

ひとよ/DVD・Blu-rayの発売日はいつ?特典映像の内容は?【映画】

ひとよ/DVD・Blu-rayの発売日はいつ?特典映像の内容は?【映画】

映画「ひとよ」は、劇作家・桑原裕子が主宰する劇団KAKUTAの代表作を映画化。主演に佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子といった豪華俳優陣が出演。
監督は『凶悪』『孤狼の血』の白石和彌監督。

今回はこちらの映画「ひとよ」をご紹介していきます。

映画「ひとよ」あらすじ

「あなたたちが生まれた夜、わたしがどんなに嬉しかったか。」
どしゃぶりの雨降る夜に、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は、愛した夫を殺めた。
それが、最愛の子どもたち三兄妹の幸せと信じて。
そして、こはるは、15年後の再会を子どもたちに誓い、家を去った—
時は流れ、現在。
次男・雄二(佐藤健)、長男・大樹(鈴木亮平)、長女・園子(松岡茉優)の三兄妹は、事件の日から抱えたこころの傷を隠したまま、大人になった。
抗うことのできなかった別れ道から、時間が止まってしまった家族。
そんな一家に、母・こはるは帰ってくる。
「これは母さんが、親父を殺してまでつくってくれた自由なんだよ。」
15年前、母の切なる決断とのこされた子どもたち。
皆が願った将来とはちがってしまった今、再会を果たした彼らがたどりつく先は—(公式サイトより)

映画「ひとよ」キャスト

稲村雄二:佐藤健

稲村家の次男で東京で働くフリーライター。

稲村大樹:鈴木亮平

稲村家の長男で電気屋で働いている兄妹唯一の既婚者。

稲村園子:松岡茉優

長女で末っ子。15年前の事件で夢を諦めて、スナックで働いている。

丸井進:音尾琢真

こはるの甥で稲丸タクシーの社長。

柴田弓:筒井真理子

稲丸タクシーの事務員をしている。

歌川要一:浅利陽介

雄二の同級生。稲丸タクシーの運転手。

牛久真貴:韓英恵

雄二の同級生で稲丸タクシーの女性運転手。

稲村二三子:MEGUMI

大樹の妻で現在別居中。

友國淳也:大悟(千鳥)

稲丸タクシーに乗り合わせるチンピラ。

堂下道生:佐々木蔵之介

稲丸タクシーの新人運転手で17歳の息子の父親。

稲村雄一:井上肇

稲村三兄妹の父親。

稲村こはる:田中裕子

稲村三兄妹の母親。15年ぶりに子供達と再会。

Blu-ray・DVD発売決定!!発売日や特典映像の内容は?

2020年6月24日(水)にBlu-ray&DVDの発売が決定いたしました!

【Blu-ray豪華版】

価格:5,800円(税抜)

◎本編BD

◎特典DVDディスク(約110分)
・メイキング
・公開前にdTVチャンネル、ひかりTVほかで放送された公開直前特別番組
・ジャパンプレミア、東京国際映画祭、公開記念舞台挨拶などのイベント集
・特報/予告、劇場特別映像、テレビスポット(絆編・ドラマ編)など

【DVD通常版】

◎本編DVD(予告入)

価格:3,800円(税抜)

【先着購入者特典】

●HMV・Loppi:佐藤健 2L判プロマイド(2枚組)
●Amazon:プレスシート(非売品)
●アスマート:佐藤健 2L判 プロマイド(2枚組)
●その他一般店:A4クリアファイル
※HMVとアスマートのプロマイドビジュアルは異なります。
※特典はなくなり次第終了となります。

映画「ひとよ」感想

・それぞれ、いろんな思いを抱えていて生活を送っている。考えさせられた

・一番は父親が許せない。でも、殺していいわけではない、そんなことがない世の中になって欲しい

・子供を守る気持ちがすごい。だからといって殺していいわけではなく、この事実を一生背負うことが出来るこの母親は子供への愛がスゴイ!!

・やっぱり家族の絆ってスゴイ!!

・母親って偉大だな!

こんな感想が集まっていました。

子供たちのことを思って犯罪を犯してしまった母親はなぜ子供達の幸せを信じて犯罪を起こしたのでしょうか?
実は子供たちに暴力を振るう最低な父親でした。そんな子供たちを父親の暴力から助け、父親に怯えたり縛られない人生を歩んでもらうための犯行でした。
子供達にとってはそんな父親からの暴力がなくなることは一見良いことですが果たしてそれは子供にとってプラスになったのでしょうか?
父親を殺してしまった母親は、自首をして逮捕されてしまいました。
そんな残された子供達は、「犯罪者の子供」というレッテルを貼られてしまい、また違う辛い人生になってしまったのです。
15年ぶりに子供達と再会した母親は「お母さんは間違ったことしていない」と、はっきりと言い切っています。
何が正解なのか、何が間違いなのか、もちろん犯罪に手を染めるのは良くないことですが、こんな子供達を思う母親の気持ちを考えると判断が難しいです。

私も一人の母親として、子供に愛情をもっていますが、もしかすると自分がこのような立場になっていた可能性もあります。
もし、子供が暴力を振るわれ、自分しか救える人がいない時、私はどうするんだろうと考えてしまいました。
殺人は決して許されることではありませんが、自分で子供を守る母親としてはスゴイなって思いました。

まとめ

今回は、映画「ひとよ」をご紹介しましたがいかがでしたか?
この作品は、世間でもありえることに焦点をあてられ、母親の子供を愛する揺るがない気持ちが鮮明に感じられます。
決して犯罪を犯すことが子供を助けるためなら許されるというわけではないですが、母親の強い気持ちが少しでも揺らいでしまうと、子供にもさらに悪影響を与えます。
もっと違う方法で助けることができれば、家族が15年もの間、離ればなれにならずに社会から「犯罪者の子供」というレッテルを貼られなくて済んだのかもしれません。

私も一人の母親として、子供を大切に思うからこそ判断が難しい場合もありますが、どんなことでも1番に子供のことを考える母親って本当にスゴイと感じました。決して犯罪は許されることではありませんが、子供からも偉大な存在だと思われるような母親になりたいと考えさせられました!