こちらのサイトもおすすめ!クリックしてね!

新聞記者/ロケ地(撮影場所)はどこ?ラストのセリフは?【映画】

新聞記者/ロケ地(撮影場所)はどこ?ラストのセリフは?【映画】

2019年6月28日公開映画「新聞記者」は、東京新聞記者・望月衣塑子による同名ベストセラーノンフィクションを原案に若手女性新聞記者と若手エリート官僚の対峙と葛藤を描く社会派サスペンス。主演はシム・ウンギョ、松坂桃李、監督は藤井道人。
第43回日本アカデミー賞では作品、主演男優、主演女優の最優秀賞を獲得!
シム・ウンギョさんの涙のスピーチがとても感動的で印象的でした!
今回は映画『新聞記者』のロケ地や感想、さらに気になるラストシーンの真相などをご紹介いたします!

「新聞記者」あらすじ

東都新聞記者・吉岡(シム・ウンギョン)のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿FAXで届いた。日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、ある思いを秘めて日本の新聞社で働いている彼女は、真相を究明すべく調査をはじめる。一方、内閣情報調査室官僚・杉原(松坂桃李)は葛藤していた。「国民に尽くす」という信念とは裏腹に、与えられた任務は現政権に不都合なニュースのコントロール。愛する妻の出産が迫ったある日彼は、久々に尊敬する昔の上司・神崎と再会するのだが、その数日後、神崎はビルの屋上から身を投げてしまう。真実に迫ろうともがく若き新聞記者。「闇」の存在に気付き、選択を迫られるエリート官僚。二人の人生が交差するとき、衝撃の事実が明らかになる!

「新聞記者」キャスト

・吉岡エリカ:シム・ウンギョン

東都新聞記者で、父親の死は人生を大きく影を落としてしまった。

・杉原拓海:松坂桃李

内閣情報調査。

・杉原奈津美:本田翼

出産間近で夫の仕事に理解ある妻。夫の仕事のことを誇りに思っており、出産したあとも娘に「パパは国を守っている」などと話している。

・倉持大輔:岡山天音

吉岡の同僚。

・関戸保:郭智博

吉岡の同僚で東都新聞社会部記者。

・河合真人:長田成哉

杉原の同僚で内閣情報調査室。

・神崎千佳:宮野陽名

自殺した神崎の娘。

・都築亮一:高橋努

杉原が外務省時代だったときの同僚で、杉原の知らない秘密を漏らした。

・神崎伸子:西田尚美

自殺した神崎の妻。

・神崎俊尚:高橋和也

杉原の外務省勤務時代の上司で内閣府勤務。当時の事件の責任を一人で背負い、自殺する。

・陣野和正:北村有起哉

吉岡の直属の上司で東都新聞社会部。上からの命令には逆らえない。

・多田智也:田中哲司

杉原の上司で、この人を知らないという人がいない。

ラストシーン杉原のセリフは?

ラストシーンで杉原の口パク(セリフ)が何と言っていたのか、話題になっています。

物語の終盤で、吉岡と杉原は内閣府が生物兵器の設備を持つ大学を作ろうとしていることを突き止めます。
東都新聞の編集長と極秘の計画を立て、内閣府勤務の元同僚・都築のデスクから新しい大学新設関係の資料を探し当てる。
証拠と資料が揃ったが、誤報と跳ね返されたらどうするという編集長に対し、
杉原は「もしものときは僕の実名も出してもいい」と決意。
吉岡が書いた大学新設に関する記事が発行されるが、杉原は多田に呼び出され「お前じゃないよな。外務省に戻り、外国に駐在しろ。持っている情報は全て忘れろ」と追い詰められる。
黙って部屋を後にした杉原は、横断歩道で吉岡と対面します。
杉原はやつれた表情でなにかをつぶやき、無音でエンドロールが始まります。

『ごめん』と呟いていると解釈した方が多いですが真相はわかりません。感じ方は人それぞれということでしょうか。

「新聞記者」ロケ地は?

すでにご覧になっている方の中では、ロケ地巡りをしたくてロケ地知りたいという声がたくさんありました。そこで実際にロケが行われた場所を紹介していきます。

・中央大橋

東京都中央区にあり、隅田川にかかっている大きな橋です。実際に映画に登場した場所に足を運んでいた方もいらっしゃいました。

・新座市役所

埼玉県にある市役所で、この付近は都心からも近くで自然に囲まれた場所なのだそうです。新座市役所のホームページなどで公開されていました。

・新井薬師梅照院

東京都中野区にあり、お葬式が行われるシーンでこちらの場所が使用されています。

・中日新聞東京本社

吉岡が務める新聞社は中日新聞東京本社のオフィス内で撮影が行われました。

「新聞記者」の感想をまとめてみた!!

ネットでの感想をまとめていきたいと思います。

・オープニングから内容に引きずり込まれてあっという間にラストを迎えた。

・素晴らしいサスペンスで、キャストみんなが演技が上手い

・日本アカデミー賞主演男優賞や主演女優賞はとるべくしてとった

・これまで扱われてこなかったテーマだからなのか最後まで面白く見ることができた

・「誰よりも自分を信じ疑え」は心に刻んでおく

・本当のことが嘘になってしまうこともあり、嘘が本当のことになってしまうこともあるということがわかった

などたくさんの感想が集まっていました。

私たちが情報を手にするのは、テレビでの報道番組やインターネットなどで、実際に目に見えない情報も簡単に入ってきます。でもそれって、本当なのか嘘なのかなかなか見抜く事って出来ないですよね。そんな中でどのように報道されているのか、私たちの知らない裏側が見えるような気がしました。

まとめ

今回は映画「新聞記者」を紹介しましたがいかがでしたか?
この作品は日本アカデミー賞で作品賞・主演男優賞・主演女優賞を受賞し、 再び上映がスタートしています。
是非これを機会にまたご覧になっていない方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?