こちらのサイトもおすすめ!クリックしてね!

アルキメデスの大戦のロケ地や神戸・呉・横浜の撮影場所は?撮影秘話も【映画】

アルキメデスの大戦のロケ地や神戸・呉・横浜の撮影場所は?撮影秘話も【映画】

2019年に公開された映画『アルキメデスの大戦』はみなさんご覧になられましたか?主演は菅田将暉さん。
原作は「ドラゴン桜」で有名となった三田紀房の人気漫画です。
舞台は1930年代の日本。天才数学者の主人公が海軍の陰謀を暴く、といった物語。

こちらでは、撮影が行われたロケ地や撮影秘話なども織り交ぜてご紹介していきたいと思います!!

『アルキメデスの大戦』あらすじ

続く戦争の最中、史上最大の超弩級戦艦である“戦艦 大和”が建造に向けて動き出していました。海軍は、“大和”を大型戦艦にしたい平山派と航空母艦にしたい山本派で対立します。軍議が平山派に傾きつつある時、山本は平山派の予算案が酷く安く見積もられているのではないかと気付きました。しかしそれを証明する手立てはありません。悩んでいたその時、山本は櫂に出会います。櫂は、人間的に若干難はありますが、誰もが認める数学の天才でした。櫂は、アメリカへ留学する予定でしたが、山本に言いくるめられ、海軍入り、正しい平山派の見積もりを導き出すため、あらゆる方法を駆使しして測量、計算します。数学という“正しさ”で日米の戦争を止めようとした、異色の軍人、櫂直の、戦艦大和との戦争を描いた作品です。

キャスト

菅田将暉
柄本佑
浜辺美波
笑福亭鶴瓶
小林克也
小日向文世
國村隼
橋爪功
田中泯
舘ひろし

スタッフ

原作:三田紀房『アルキメデスの大戦』

監督・脚本:山崎貴 
代表作:映画『ALWAYS 三丁目の夕日』、『永遠の0』、『STNAD BY ME ドラえもん』、『海賊とよばれた男』、『DESTINY 鎌倉ものがたり』など

音楽:佐藤直紀

製作:市川南

\U-NEXTで配信中!初回登録31日間無料!/

『アルキメデスの大戦』のロケ地や撮影秘話

2018年7月初旬から9月初旬までの暑い時期、舞台となる愛知県、静岡県、京都府、兵庫県、神奈川県、栃木県、茨城県、千葉県、東京都、広島県など、複数にわたって撮影されたそうです。

どうやら昭和初期という時代設定がネックになっていたらしく、もう少し前の時代なら特徴的な建物などセットも作り込みやすく、もう少し後の時代なら現代の建物を活用できたが、そのどちらもできずで、複数の場所で撮影したり、VFXを活用しての撮影になったんだそうです。
それだけのこだわりを持って撮影された作品ということですね。

菅田将暉が印象に残ったロケ地は?

特に印象に残っているロケ地を、菅田将暉さんが語っていました。

まず一つ目は、旧加藤海運本社ビル(兵庫県神戸市)です。

住所:神戸市兵庫区島上町1-5


出典:https://kobe.1yen.jp/west/kato_kaiun.html

このロケ地では、笑福亭鶴瓶さんが演じる大里清(造船会社社長)に協力を要請しに来るシーンでの撮影が行われました。


(C)2019「アルキメデスの大戦」製作委員会

昭和初期に竣工したビルらしく、兵庫で良く見かけるレトロな近代洋風建築の外観が特徴的です。

二つ目は、氷川丸(神奈川県横浜市)です。

住所:神奈川県横浜市中区山下町山下公園地先

出典:https://bunkaisan.exblog.jp/28669788/

櫂が戦艦大和の設計図を推測するための参考にするために、柄本佑演じる田中と巻き尺や歩数で船のサイズを測るシーンの撮影が行われました。


(C)2019「アルキメデスの大戦」製作委員会

氷川丸は実際、太平洋戦争中に海軍特設病院船として利用されていて、3度機雷んい接触したことがあるそうで、戦争経験のある船を見たことで、菅田さんも実感がわいたんだそうですよ。

三つ目は、旧呉軍港桟橋(広島県呉市)です。

出典:https://4travel.jp/travelogue/10134122

物語のラストシーンが撮影された場所で、昭和初期、現実の戦艦大和が建造された旧軍港です。
櫂の、ままならない、何とも言えない複雑な心境が、観る側にも伝わってくるような名シーン、菅田さんにとっても、この桟橋で撮影できたことは、最も印象深く残ったんだそうです。


(C)2019「アルキメデスの大戦」製作委員会

それぞれ全く別の場所ではありますが、完璧に繋がった場所に見せてしまうのは、役者たちの演技力はもちろん、制作者たちの作り込みもあるのでしょう。

その他のロケ地

舞鶴赤レンガパーク(京都府舞鶴市)横濱第二號倉庫のロケ地

京都府舞鶴市北吸1039-2

出典:https://kyoto.uminohi.jp/information/20170807/

東宝スタジオ:CGのシーンや戦艦建造の最終判断を下す会議室など

名古屋市役所:山本五十六少尉が櫂直を、永野修身中尉に紹介するシーンで市役所の一室が使われました。

出典:Wikipedia

名古屋市市政資料館

出典:名古屋情報通

まとめ

アルキメデスの大戦のロケ地を少しでしたがご紹介させていただきました!船がかっこいいので、氷川丸と旧呉軍港桟橋を見に行ってみたいです!映画を観た方も一度見学に行ってみるのも楽しいかもしれないですね!