動画配信おすすめはこちら!

松坂桃李主演/新聞記者の配信動画を無料でフル視聴する方法は?あらすじ・ネット感想【映画】

松坂桃李主演/新聞記者の配信動画を無料でフル視聴する方法は?あらすじ・ネット感想【映画】

映画『新聞記者』は2019年に公開。監督は藤井道人。シム・ウンギョン、松坂桃李がW主演を務めた。東京新聞記者・望月衣塑子の同盟ノンフィクションが原案で、国家権力の闇に迫る若手女性新聞記者と若手エリート官僚の対峙と葛藤を描く社会派サスペンス。

映画「新聞記者」のあらすじやキャスト、動画配信サービスで無料視聴できる方法など紹介していきたいと思います。

映画「新聞記者」のフル動画は
『U-NEXT』で配信中です!
現在(2020年7月時点)レンタル作品(有料:550円)ですが
初回登録で貰える600円分のポイントを利用して
無料でフル視聴
することができます!

初回登録は31日間無料 &600ポイントプレゼント!/


映画『新聞記者』が配信中の動画配信サービスは以下の通り↓


作品数料金(税抜)ポイント付与無料期間配信中
U-NEXT140,0001,990円毎月1200
初月600
31日
Hulu60,000933円×14日 ×
dTV120,000500円×31日
dアニメストア3,100400円×31日 ×
FODプレミアム40,000888円毎月1300
14
TSUTAYA TV/DISCAS
10,0002,417円毎月110030日
Rakuten TV40,0002,149円×31日 ×

〇:見放題 △:レンタル ×:未配信

※上記の情報は、2020年7月の情報となります。最新情報は各サイトにてご確認ください。

おすすめNo.1!U-NEXT

洋画、邦画、国内外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、雑誌などの様々なジャンルが揃っているU-NEXTは、月額1990円(税抜)でさらに毎月1200円分のポイントがもらえて、最新作映画や漫画などの有料コンテンツで利用できるなどサービスが盛りだくさんとなっています!

【U-NEXTの特徴】

◎作品数は約14万本以上!!国内NO.1!

◎雑誌70誌以上の読み放題

◎新作映画・マンガ・書籍などの有料コンテンツあり!

◎毎月1200円分のポイントが付与!
有料コンテンツで利用可能!
※ポイントの有効期間は90⽇間

◎1つのアカウント作成で最⼤4機まで同時視聴が可能!

◎ダウンロード機能あり

◎初回31日間無料お試し体験あり
(600円分のポイントプレゼント)

 

新作などのレンタル作品(有料)は
初回に貰えるポイントを使うと
すぐ無料で視聴できます!!

ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い
安心・安全・高画質

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!
U-NEXT簡単な登録方法の手順
U-NEXT解約・退会方法や違い解約前の注意点は?

初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント/

 

最優秀作品賞・最優秀主演男優賞・最優秀主演女優賞を受賞!!

最優秀作品賞、最優秀主演男優賞、最優秀主演女優賞に松坂桃李さん、シム・ウンギョンさんが受賞されました!!

映画『新聞記者』あらすじ

東都新聞記者・吉岡のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届いた。日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、ある思いを秘めて日本の新聞社で働いている彼女は、真相を究明すべく調査を始める。
一方、内閣情報調査室官僚・杉原は葛藤していた。
「国民に尽くす」という信念とは裏腹に、 現政権に不都合なニュースのコントロール。
愛する妻の出産が迫ったある日彼は、久々に尊敬する昔の上司・神崎と再会するのだが、その数日後、神崎はビルの屋上から身を投げてしまう。
真実に迫ろうともかく若き新聞記者。
「闇」の存在に気づき、選択を迫られるエリート官僚。
二人の人生が交差するとき、衝撃の事実が明らかになる!
現在進行形の様々な問題をダイレクトに射抜く、これまでの日本映画にない新たな社会派エンターテインメント!
あなたは、この映画を、信じられるかー?

公式サイトより引用

キャスト

・吉岡エリカ:シム・ウンギョン

・杉原拓海:松坂桃李

・杉原奈津美:本田翼

・倉持大輔:岡山天音

・関戸保:郭智博

・河合真人:長田成哉

・神崎千佳:宮野陽名

・都築亮一:高橋努

・神崎伸子:西田尚美

・神崎俊尚:高橋和也

・陣野和正:北村有起哉

・多田智也:田中哲司

ネット感想

・「日本の民主主義なんて形だけでいい」この言葉が怖かった!メディアの力も内閣も怖い。なんなんだ日本って国は!!と、うっかりのめり込んで観てしまった!

・韓国の女優さんの演技力がすごい!

・現実では新聞社もかなり問題があると思う

・若者が政治を学ぶ充分なきっかけになる映画

・組織の中での個人の無力感と、組織の無慈悲な圧力に、絶望する姿は息苦しかった

・今を“戦前”にしない為に、疑う事、考える事を忘れたくないと思った

・今、反日を煽りまくる文政権のおかげで日韓がギクシャクしているが、こういう文化交流、民間交流を大事にしたい

などなどの意見がありました。

映画から、現代社会の実情を考えたり、見つめ直すきっかけになった方もいたようです。また若い世代では政治や社会を知るきっかけになったようです。

まとめ

『新聞記者』は、数々の賞を受賞したり、ノミネートされるなど、話題の作品となりました。この映画を通して、現代社会や政治などを見直すきっかけとなった方も沢山いました。若い人にとっても、現代社会や政治を知るきっかけになったようです。ぜひ、この作品を通して現代を見つめてみてくださいね。

アカデミー賞で最優秀賞を獲得できるか、みどころです!

 

【第43回日本アカデミー賞作品の関連記事】

新聞記者

最優秀作品賞・最優秀主演男優賞松坂桃李他

蜜蜂と遠雷

優秀作品賞 他

閉鎖病棟

優秀作品賞 他

キングダム

最優秀助演男優賞吉沢亮・最優秀助演女優賞長澤まさみ・優秀作品賞 他

翔んで埼玉

最優秀監督賞・最優秀脚本賞・優秀作品賞 他

カツベン!

優秀監督賞:周防正行 他

天気の子

最優秀アニメーション作品賞・

最優秀音楽賞RADWIMPS他

ONE PEACE STAMPEDE

優秀アニメーション作品賞

名探偵コナン 紺青の拳

優秀アニメーション作品賞

アルキメデスの大戦

優秀主演男優賞:菅田将暉 他

記憶にございません

優秀主演男優賞:中井貴一 他

人間失格 太宰治と3人の女たち

優秀主演女優賞:宮沢りえ 他

愛がなんだ

新人俳優賞:岸井ゆきの