動画配信おすすめはこちら!

宇宙でいちばんあかるい屋根【映画】あらすじや原作は?主題歌は清原果耶!

宇宙でいちばんあかるい屋根【映画】あらすじや原作は?主題歌は清原果耶!

2020年9月4日から公開される映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』は、清原果耶さん主演の ファンタジードラマ。

悩める14歳の女子中学生役を務めます。

共演には伊藤健太郎さん、桃井かおりさんなど。

こちらではあらすじや原作、主題歌について紹介しています。

『宇宙でいちばんあかるい屋根』あらすじ

お隣の大学生・亨(伊藤健太郎)に恋する14歳の少女・つばめ(清原果耶)。優しく支えてくれる父(吉岡秀隆)と、明るく包み込んでくれる育ての母(坂井真紀)。もうすぐ2人の間に赤ちゃんが生まれるのだ。幸せそうな両親の姿はつばめの心をチクチクと刺していた。しかも、学校は元カレの笹川(醍醐虎汰朗)との悪い噂でもちきりで、なんだか居心地が悪い。つばめは書道教室の屋上でひとり過ごす時間が好きだった。ところがある夜、唯一の憩いの場に闖入者が――。空を見上げたつばめの目に飛び込んできたのは、星空を舞う老婆の姿!? 派手な装いの老婆・星ばあ(桃井かおり)はキックボードを乗り回しながら、「年くったらなんだってできるようになるんだ――」とはしゃいでいる。最初は自由気ままな星ばあが苦手だったのに、つばめはいつしか悩みを打ち明けるようになっていた。

公式サイト

『宇宙でいちばんあかるい屋根』原作は?

Amazon

宇宙でいちばんあかるい屋根は、野中ともそさんの長編ファンタジー小説が原作となっていることがわかりました。

この作品は2003年ポプラ社から書き下ろしで刊行された作品で、中学校3年生の女の子が「星ばあ」と呼ばれる怪しい老婆とひと夏の交流を体験した姿が描かれたファンタジー作品となっています。

原作は2006年に角川文庫から文庫化もされていました。

そして2020年には映画化され公開予定となっていることから、映画化されるにあたって2020年2月には電子書籍化、さらに4月には光文社文庫より再文庫化されています。

映画では藤井道人さんが監督を務めており、主演に清原果耶さんを迎え映画化されます。

2020年9月4日に公開予定となっており、まだまだ新型コロナウイルスの影響で予定通り公開されるかまだ不安ではありますが、予定通り公開されてほしい待ち遠しい作品ですね!!

『宇宙でいちばんあかるい屋根』主題歌は?

https://www.cinra.net

宇宙でいちばんあかるい屋根の主題歌を担当しているのは、主演を務める清原果耶さんです。

楽曲名:今とあの頃の僕ら

楽曲はCoccoさんが、作詞作曲プロデュースを行われていることがわかりました。

清原果耶さんといえば近年たくさんのドラマや映画などに出演しており、今や注目の若手女優として彼女の演技には注目が集まっています。

2020年に高校を卒業したばかりの清原果耶さんは、高校卒業後から上京して本格的に芸能活動をスタートされました。

今回主演を務めている宇宙で一番明るい部屋だけではなく、この作品を含めて映画はいつつの作品の公開を控えているようです。

清原果耶さんが歌う「今とあの頃の僕ら」は9月2日にリリース予定となっています。

星ばあ語録がとても心にしみる!

公式サイトを見ていると、物語の中で星ばあが人生の大先輩として色々な心にしみる言葉を投げかけています。

そんな星ばあ語録が掲載されていました。

・うまくなったら次に行かなきゃ気が済まないもんだろ。同じとこにずっといるってのは何でも苦しいもんだ。

・そうやってひらき直ってるうちは何も手には入れられん。

・きれいなものは食っちまって自分の身が骨にしたいもんだろうが。とくに、こんなはかないもんなら、なおさらだ

・多くの意味を勝手に期待しなさんなってこと

・屋根を見るところから、まずははじめなきゃなんないね

・屋根に守られてるんさ、どんな家も人間も

なんだかとっても心に染みますし、すごく考えさせられる言葉ばかりですね。

ぜひ作品の中でも星ばあ語録をお見逃しなく!!

こちらも合せてどうぞ♪

 ⇩ ⇩ ⇩