動画配信おすすめはこちら!

人数の町/あらすじや原作・キスシーンやベットシーンはある?【中村倫也主演映画】

人数の町/あらすじや原作・キスシーンやベットシーンはある?【中村倫也主演映画】

2020年9月4日から公開される映画『人数の町』。

中村倫也さんが主演を務められます。

監督&脚本は、 初の長編映画に挑戦する荒木伸二さん。

衣食住が保証され快楽をむさぼることができる謎の町を舞台に描くディストピアミステリー 。

『人数の町』あらすじ

借金取りに追われ暴行を受けていた蒼山は、黄色いツナギを着たヒゲ面の男に助けられる。その男は蒼山に「居場所」を用意してやるという。蒼山のことを“デュード”と呼ぶその男に誘われ辿り着いた先は、ある奇妙な「町」だった。
「町」の住人はツナギを着た“チューター”たちに管理され、簡単な労働と引き換えに衣食住が保証される。それどころか「町」の社交場であるプールで繋がった者同士でセックスの快楽を貪ることも出来る。
ネットへの書き込み、別人を装っての選挙投票……。何のために? 誰のために? 住民たちは何も知らされず、何も深く考えずにそれらの労働を受け入れ、奇妙な「町」での時間は過ぎていく。
ある日、蒼山は新しい住人・紅子と出会う。彼女は行方不明になった妹をこの町に探しに来たのだという。ほかの住人達とは異なり思い詰めた様子の彼女を蒼山は気にかけるが……。

公式サイト

『人数の町』原作は?

今回紹介する作品は2020年9月4日に公開スタート予定となっています。

こちらの作品に原作があるのか調べてみました。

まず結論からお話しすると、こちらの作品には小説や漫画などの原作はありませんでした。

今回この作品の監督を務める荒木伸二さんは、第1回木下グループ新人監督賞にこちらの作品を応募されていることがわかりました。

第1回木下グループ新人監督賞には241作品の応募がありましたが、荒木伸二さんの「人数の町」は準グランプリに輝いたそうです。

この賞でグランプリに輝いたのは、山田篤宏監督の将棋の映画でした。

こちらもとても面白そうな作品ですが、今回はこの作品については省略していきます。

準グランプリに輝いた荒木伸二さんの「人数の町」では、今ではたくさんのドラマやCMなどに引っ張りだこの中村倫也さんが主人公を務めています。

『人数の町』主題歌は?

人数の町という映画の主題歌や挿入歌を担当しているのは誰なのか調べてみました。

9月4日から公開予定となっているので、主題歌や挿入歌も担当するアーティストなどの発表があるかと思いましたが、今のところまだアーティストについては発表がありません。

ただこの作品の音楽を担当されているスタッフについては判明しています。

この作品で音楽を担当されているスタッフは渡邊琢磨さんです。

渡辺琢磨さんは宮城県出身で、高校を卒業してから米バークリー音楽大学に入学されました。

大学を中退してニューヨークに渡り、キップ・ハンラハンと共同作業でレコーディングなどを行うようになりました。

その後デヴィッド・シルヴィアンのワールドツアー18カ国30公演にはバンドメンバーとしても参加されています。

さらに2014年には渡邊琢磨さんが主宰する弦楽アンサンブルも結成されており、自分の活動と並行しながら映画音楽も出かけられるようになりました。

これまでにも数々の映画音楽を担当されている様ですよ。

ただ渡辺琢磨さん自身が、主題歌や挿入歌などを歌われているかどうかは確認することができませんでした。

今後主題歌や挿入歌については何かしら発表があるかもしれません。

分かり次第追記していきたいと思います!!

中村倫也の過激なシーンあり!?

今回紹介する「人数の町」という作品は、9月4日から公開予定となっており、原作がなくオリジナルストーリーのためどんな内容や結末になっているのかわかりません。

その中で公開前に予告編などが見れますよね。

その中でなんと中村倫也さんがヒロイン役の石橋静河さんとキスをしているシーンがありました。

そのことから公開前の今から、作品の中で中村倫也さんのキス以上のベッドシーンなどといった過激なシーンが見れるのではないか?とファンの中では大きな話題となっているようです。

残念ながら原作が映画化されているものであれば、あらかじめ中身も予想することができますが、オリジナルストーリーなので予告編だけでは中村倫也さんのキス以上のベッドシーンなどが見れるかどうかは想像できません。

ただ過激なシーンがある作品については年齢制限があります。

しかし今回公開予定の人数の町には年齢制限などは設けられていません。

年齢制限がある作品はあまりにも過激なシーンであったり、後はグロテスクなシーンがたくさん描写されているものについて年齢制限が設けられることが多いです。

この作品で年齢制限が設けられていないということは、そこまでの過激シーンはないのではないかと考えられます。

キスシーンがあるだけでは年齢制限が設けられず、また物語の中でベッドシーンなどが描かれる場合でも過激なものでなければ年齢制限は設けられることは少ないでしょう。

キスシーンがあるということでそのまま主人公とヒロインがベットシーンが見れるような関係になる可能性は十分にあると思います。

ですがあまり過激なものではなく、比較的淡白なものになっているのではないでしょうか!?

それでも、中村倫也さんのこれまでの出演作品では見たことのない新しい演技が見られるのではないかと期待が高まります!!

是非、新しい中村倫也さんの姿もお見逃しなく!!