動画配信おすすめはこちら!

ハケンの品格2/ロケ地の撮影場所はどこ?あらすじや主題歌・原作はある?【ドラマ】

ハケンの品格2/ロケ地の撮影場所はどこ?あらすじや主題歌・原作はある?【ドラマ】

あの大ヒットドラマが13年ぶりに帰ってきました!

篠原涼子さん主演ドラマ『ハケンの品格2020』!

こちらでは『ハケンの品格2020』のあらすじや主題歌、原作はあるのか、ロケ地の場所について、などまとめています!

『ハケンの品格』あらすじ

「ハケンの品格」が13年ぶりに復活!
2007年の篠原涼子主演で話題を呼んだ、日本テレビ系ドラマ「ハケンの品格」。
一匹狼の最強ハケン社員・大前春子が、13年ぶりに帰ってくる!
新卒で会社に就職し正社員になれば将来は安泰、という日本の雇用システムは平成で終わった。
もはや、「サラリーマンになれば一生安泰」なんてものは幻想なのだ。
日本人の仕事に対する考え方も大きな変化を見せている。
「働き方改革」「高齢化」「副業」「アウトソーシング」「AI導入」「過労死」・・・etc
職場がカオスと化したこの令和の時代、スーパーハケン大前春子はどんな働き方をしているのであろうか?
このドラマは、新しい時代の働く者の品格を問うドラマとなる。

公式HP

『ハケンの品格』原作はあるの?

2020年6月17日より放送されている「ハケンの品格2020」には原作があるのでしょうか?

実はこちらのドラマには原作はありません。

脚本家の中園ミホさんによるオリジナルドラマなんですよ。

でも、近年では働き方改革など、それぞれ職場によって働きやすい環境作りなど昔とは現場がかなり変わってきていますよね。

そんなところに目をつけて、このようなドラマがあるのは、たくさんの人が自分の今の働き方などを考えるきっかけにもなるのではないかと思います。

このようにこちらのドラマには原作はありませんでしたが、前作「ハケンの品格」終了後にコミカライズ化されていることがわかりました。

コミック版では大前春子ではなく、新米派遣社員として大前春子と同じ部署で働いていた女性が主人公となっています。

ドラマでは「くるくるパーマ」と言われている大泉洋さん演じる東海林さんや自分のことよりも仲間のことを一番に考える里中さんは登場しません。

ドラマとはまた違った設定でコミック化されており、現在放送中の続編もコミカライズ化される可能性があります。

今回の『ハケンの品格2020』の視聴率によってはコミカライズ化にも期待ですね!!

『ハケンの品格2020』主題歌は?

最近ドラマでは、エンディングなどで主題歌に合わせて出演者がダンスを踊る・・・そんなノリノリのエンディングが流れるドラマが多いですよね!

ハケンの品格でも音楽に合わせてノリノリです!

主題歌は鈴木雅之さんの『Motivation』。

鈴木雅之さんは今年、デビュー曲である「ランウェイ」から40周年を迎えたそうです。

そんな記念すべき40周年記念にハケンの品格の主題歌を担当されることになりました。

「思わず踊りだしたくなるナンバーを」というオーダーがあったことから、これまでの40年間のヒストリーには欠かせない一曲が完成したようです。

より豊かな明日に向けて進んでいこうという意味が込められたラブソングに仕上がっており、ドラマでも出演者が踊っている姿やこちらの楽曲はとても前向きな姿に感じられると思います!

『ハケンの品格2020』ロケ地は?

ここではハケンの品格の撮影に使用されたロケ地を紹介していきます。

丸の内北口ビル

東京都千代田区にある丸の内北口ビルは、大前春子が働いている会社S&Fのロケ地に使用されています。

13年前に放送されたドラマと今回続編もこちらで撮影が行われたようですよ。

日本テレビタワー

Wikipedia

大前春子は派遣社員ということで、派遣ライフという派遣会社の社員の上地雄輔さんの会社は日本テレビタワーで撮影されていました。

今回では新人派遣社員を山本舞香さんが演じられていますが、この場所は派遣ライフで面接を受けていた時のシーンで登場しました。

また大前春子が現在の会社に派遣として働く前に面接をした会議室も日本テレビタワーで撮影が行われていたようです。

ピア赤レンガ桟橋

クルーザーで商談が行われているシーンがありましたね。

このシーンでは、ピア赤レンガ桟橋の象の鼻パークの象の鼻桟橋にクルーザーが停泊されていたようです。

なんとなんと、こちらでは実際に一般人の方もクルーザーをチャーターすることができるそうですよ!!

https://ameblo.jp/taratara/entry-11062962603.html

日本テレビの社員食堂

S&Fのカレーが美味しいと評判だった社員食堂がありましたね。

この社員食堂は東京都港区にある日本テレビの社員食堂で撮影が行われていたようです。

両山堂印刷所

大前春子がバーでいつもフラメンコを踊っているシーンがありますよね。

ドラマの中では、大前春子が居候していたスペインバーとなっていますが、実は印刷所だったのです!!

なんだか歴史を感じるバーで素敵だなと感じていましたが、実は看板を変えて見事バーに変身した印刷所だったというのには大変驚きました!!

ハケンの品格では欠かすことのできないシーンはこれらの場所で撮影されていることが判明しました。

最後に紹介したスペインバーが実は印刷所で撮影されていたというのは本当に驚きました。

是非またドラマを見る際には、大前春子がフラダンスを踊っているシーンも本当にここが印刷所なの?とじっくりと見てみてくださいね!!

こちらも合せてどうぞ♪

 ⇩ ⇩ ⇩