こちらのサイトもおすすめ!クリックしてね!

Diner(ダイナー)配信動画を無料でフル視聴する方法!藤原竜也主演・ネタバレ感想あり【映画】

Diner(ダイナー)配信動画を無料でフル視聴する方法!藤原竜也主演・ネタバレ感想あり【映画】

『Diner(ダイナー)』は平山夢明による小説が原作となっており、2013年にラジオドラマ化、2017年から漫画化され、2019年に映画化。蜷川実花監督、藤原竜也、玉城ティナをWキャストに迎え、窪田正孝や本郷奏多・真矢みきなどが出演し、話題となりました!

今回は映画『Dinerダイナー』のあらすじやキャスト、ネットでの評価などさらに動画配信サービスで無料で視聴できる方法もご紹介していきたいと思います!

映画『Dinerダイナー』を無料で視聴する方法は?

こちらでは『Dinerダイナー』を無料で視聴できる方法をご紹介いたします!
現在、動画配信サービスで配信中なのは以下の通りです↓


作品数料金(税抜き)無料期間DL機能配信中
U-NEXT140,0001990円31日
Hulu60,000933円14日 ×
dアニメストア2,900400円31日   ×
FODプレミアム40,000888円1ヶ月× ×
TSUTAYA TV10,000933円~30日
Rakuten TV40,0002,149円31日×

※上記の情報は、2020年 2⽉の情報となります。現在はレンタル作品(有料)となっています。最新情報は各サイトにてご確認ください。

違法アップロードされているサイトでの視聴はウイルス感染や個人情報流出の危険がありますので、公式のサービスで安全に視聴することをおすすめいたします!

おすすめNo.1の【U-NEXT】!!

 

【U-NEXT】とは月額1990円(税抜)で、映画・ドラマ・アニメなどの映像作品を楽しめる動画配信サービスです!

  見放題 レンタル
洋画・邦画 7,700作品 1,500作品
国内ドラマ 740作品 430作品
海外テレビドラマ 640作品 260作品
韓流・アジアドラマ 880作品 130作品
アニメ 2,500作品 200作品
キッズ 850作品 10作品
その他 15,000作品 3000作品

  購入 読み放題
マンガ 220,000作品 ×
書籍 170,000作品 ×
ラノベ 30,000作品 ×
雑誌 × 70誌以上

【U-NEXT】のおすすめポイントはこちら!!

  • 作品数は約14万本以上!!他の動画配信サービスよりも断然多く、国内NO.1
  • 映像作品以外にも雑誌70誌以上の読み放題や新作映画・マンガ・書籍などの有料コンテンツもあり!
  • 毎月1200円分のポイントが付与され、有料コンテンツで利用することも可能!※ポイントの有効期間は90⽇間
  • 1つのアカウント作成で最⼤4機まで同時視聴が可能! 
  • ダウンロード機能あり
  • 初回31日間無料お試し体験あり

無料で視聴する方法は?

【U-NEXT】に初めてご登録される方は31⽇間の無料お試し体験600円分のポイントがプレゼントされます!

現在(2020年2月付)はレンタル作品(有料:550円)となっていますが、初回で貰えるポイントを利用することが可能です!無料でご視聴いただけますよ♪

※「無料期間だけ楽しみたい!」という方は無料期間内に解約していただくと料⾦は発生いたしません。

【U-NEXT】は月額1990円(税抜)と少しお⾼めですが毎⽉1200円分のポイントが付与されるので実質790円(税抜)!!実質790円(税抜)で楽しめると思うとかなりお安いですよね!まずは31日間無料お試しトライアルからご登録下さい!!

 

『Dinerダイナー』あらすじ

孤独な女性オオバカナコ(玉城ティナ)は怪しいサイトのアルバイトに手を染めたことでどん底に陥り、とあるダイナーにウエイトレスとして売られてしまう。

重い鉄の扉を開けると強烈な色彩の広がるその店の店主は、以前は殺し屋だった天才シェフのボンベロ(藤原竜也)。そこは、凶悪な殺し屋たちが次から次へと現れる、殺し屋専用のダイナーだった。

ようこそ、殺し屋専用のダイナー<食堂>へ
そこは、命がゴミのように扱われる、殺し屋専用のダイナー<食堂>。
店主は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。
「俺は、ここの王だ。砂糖の一粒まで俺に従う。」
日給30万の怪しいアルバイトに手を出したオオバカナコは、ウェイトレスとして売られてしまう。
次々と店に行ってくる殺し屋たち。
オーダーは極上の料理か、殺し合いか・・・・店主、ウェイトレス、殺し屋たち。新たな殺し合いが今、始まる!
食堂でのルール
・シェフに従うか、死ぬか
・殺し合以外、入店不可
・どんな殺し屋でも、平等に扱う

公式より

キャスト

・ボンベロ:藤原竜也

・オオバカナコ:玉城ティナ

・スキン:窪田正孝

・キッド:本郷奏多

・ブロ:武田真治

・カウボーイ:斎藤工

・ ディーディー: 佐藤江梨子

・ブタ男:金子ノブアキ

・マテバ:小栗旬

・マリア:土屋アンナ

・無礼図:真矢みき

・コフィ:奥田瑛二

感想・評価(ネタバレ注意)

映画冒頭から蜷川ワールド全っ開でした!とにかく画面が色彩豊か!
映画全編を通してどんだけ花使ったんだ?!と思うほど。
原作漫画を知らずに映画を観たので斎藤工や武田真治の個性の強さに圧倒されました・・・笑

窪田正孝に関してはやっぱりイケメン!
傷だらけの特殊メイクをしているにも関わらず、キャストの誰よりきれいでした!

そしてラストで映るメキシコの死者の祭り。
リメンバーミーが上映される際に日本でも取り上げられましたが、まさかここでも観られるとは!
あと個人的に気になったのは真矢みきの宝塚歌劇感(笑)と小栗旬の無駄遣いですね!
虫食べただけで見せ場終わっちゃうなんて、、、

藤原竜也と玉城ティナの鬼気迫る演技にも要注目です!

ここからはネットでの評価を集めてみました!

・原作とは少し違う、でもオリジナル作品と思ってみると感性豊かな人はきっと最後まで楽しく見ることができる。

・色彩感覚は蜷川監督の特徴

・原色系の鮮やかなカラーの中でも人間味が現れていて、物語として伝えたいことがしっかりと伝えられている

・蜷川監督のこだわりが詰まっている

・映像が美しすぎた

・俳優陣が豪華でそれぞれ演技力も素晴らしい

・何よりも蜷川実花監督の世界観が本当に美しくて素晴らしい

などといった声が集まっていました。

どうやらこちらの映画は、原作のファンの方にとっては少しこれは違う!!と、楽しみにされていた分、実際の実写版ではガッカリしてしまった方もたくさんいたようです。

確かにアニメなどの実写化って、アニメのイメージが強すぎる分、実写版でイメージが変わってしまうことがどうしても許せない・・・という方もたくさんいます。

そんな中で実際にアニメのイメージで実写版を見られた方にとっては、あまり良い評判はありませんでしたが、オリジナル作品として視聴すると本当に楽しむことができたようです!!

映画『Diner(ダイナー)』を観る時には、「一つのオリジナル作品」として観るのがいいのかもしれませんね!!

なんといっても蜷川実花監督のこだわりがたっぷりと詰まった、美しい世界観が広がっているようです!!

是非オリジナル作品として、覧になってみてはいかがでしょうか!

蜷川実花監督の作品!

蜷川実花さんといえば写真家として知られていますが、その一方で映画監督としても活躍されており、写真家として素敵な写真を撮影している蜷川実花さんだからこそできる色彩感覚もふんだんに取り込まれています。

そんな蜷川実花さんはこれまでにも映画監督として作品を作られています。

・さくらん

こちらは2007年2月に公開された映画です。安野モヨコさんの漫画作品が映画化されています。

・ヘルタースケルター

2012年7月に公開された映画で、主演には沢尻エリカさんが登場していました。この作品でも蜷川実花さんらしい色彩感覚が感じられる作品となっていましたね!

・DINERダイナー

こちらはここまでで紹介した作品で、2019年7月に公開されました。蜷川実花監督にとって3作品目となるこちらの作品、超豪華キャストで製作されました。

・人間失格太宰治と3人の女たち

こちらは2009年9月に公開された映画で、小栗旬さんが主演を務めました。太宰治さんの人間失格という小説もありますが、これを原作としたものではなく、太宰治さんと3人の女性との関係が描かれたフィクション作品です。

この作品にも出演に小栗旬さん、さらに沢尻エリカさんや二階堂ふみさんや千葉雄大さん、藤原竜也さんなどといったこれまた豪華キャストで製作されていますよ。

この機会に蜷川実花監督の『Diner(ダイナー)』はもちろんのこと、それ以外の作品もぜひご覧になってみてくださいね!!

まとめ

今回は蜷川実花さんが監督を務めた『Diner(ダイナー)』のあらすじやキャスト、ネットでの評価、蜷川実花監督作品も紹介しましたがいかがでしたか?

非現実的な殺し屋しか入店できないお店がある、そのお店の中で料理を提供する人、そこに続々と殺し屋が集まってくる・・・そんな場所でどんなことが起きるのか!!

これはぜひ作品を直接ご覧になってみてくださいね!!

蜷川実花さんだからこそ表現できる独特な色彩感覚で美しい世界に引き込まれていくことでしょう!!