動画配信おすすめはこちら!

ぐらんぶる(実写化映画)前売り券(ムビチケ)や公開日はいつ?あらすじやキャスト・主題歌は?

ぐらんぶる(実写化映画)前売り券(ムビチケ)や公開日はいつ?あらすじやキャスト・主題歌は?

2020年5月に公開予定だった映画「ぐらんぶる」の公開日が決定しました!

そこで今回は映画「ぐらんぶる」のあらすじやキャスト、原作、主題歌について紹介していきたいと思います!

映画『ぐらんぶる』あらすじ

青い海、聞こえてくる潮騒、照り付ける陽射し――国内でも珍しい離島にある大学に入った伊織の目標はただひとつ。それは気のあう友人や可愛い女子と<キラキラな大学生活>を送ること。なのに――「何かおかしい」最初に異変を感じたのはオリエンテーションの朝。伊織はなぜか服も記憶もなく大学の講堂の前で目覚めてしまう。やがて同じ境遇に陥った無駄にイケメンなアニメオタク・耕平と出会い、共にある場所にたどり着く。そこは常識が通用しない“無法地帯”、超ぶっ飛んだダイビングサークルだった!狂暴なクーデレいとこ、どシスコンのお姉さま、エロい先輩、はたまた激ケバギャルも!?

公式サイトより引用

映画『ぐらんぶる』キャスト

北原伊織:竜星涼

今村耕平:犬飼貴丈

古手川千紗:与田祐希

古手川奈々華:朝比奈彩

浜岡梓:小倉優香

吉原愛菜:石川恋

古手川登志夫:高嶋政宏

映画『ぐらんぶる』公開日は?

『ぐらんぶる』は、2020年5月29日に公開予定となっていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため延期となっていました。

そしてついに公開日が決定しました!

2020年8月7日金曜日

今年は新型コロナウイルスの影響もあり、学生などは特に夏休みの短縮などで例年とは違った夏をお過ごしになると思います。

各劇場では感染拡大防止に最大限努められていると思いますが、皆さんも是非一人一人にできる感染拡大防止を徹底して鑑賞してみましょう!

その一つにチケットの前売り券購入をお勧めします!

すでに前売り券を購入されているという方もいると思いますが、公開日が延期になったおかげで購入してしまったチケットをどうすれば良いのか迷われている方もいるのではないでしょうか?

まず、当初の公開日に合わせて前売り券を購入された方は、その前売り券をそのままこの度決定した公開日以降から使用することが可能となっています!

すでに購入済みのチケットをお持ちの方は、まずは劇場で確認してみてください。

まだ前売り券の購入をされていないという方は、前売り券販売サイトで購入することが可能です。


もちろん劇場でも直接チケットの購入は可能ですが、少しでも密を避けるためにもあらかじめチケットを購入しておくというのもいいかもしれませんね。

是非皆さんが安心して安全に映画鑑賞を出来るよう、劇場での対策はもちろんされていますが、是非皆さんも一人一人にできる対策を行って安心して劇場を訪れてくださいね。

映画『ぐらんぶる』原作は?

実写化は難しいと言われていた「ぐらんぶる」がついに実写化されました。

講談社 good!アフタヌーンにて連載された井上堅二さん・吉岡公威さんによる漫画「ぐらんぶる」が原作となっています。

Amazon

この作品ではボケやギャグやツッコミが満載で、命がけのキャンパスライフが描かれる限界突破の青春コメディ。

さらに2018年にはTVアニメ放送もされており、人気作となりました。

そんな大ヒット作品が実写化されるということで、たくさんの方が楽しみにされているようです!

まだまだ新型コロナウイルスの影響は心配ですが、劇場でもそれぞれの対策が行われていますし、一人一人にできる対策を行って安心して安全に鑑賞できるようにしましょう!

映画『ぐらんぶる』主題歌

この作品の主題歌ですでに大きな話題を集めているようなので、主題歌についても紹介していきます。

主題歌「絶叫セレナーデ」

挿入歌「唯風と太陽」

主題歌と挿入歌を担当するのは「sumika」。

https://popscene.jp/news/046709

4人の男性から2013年に結成された4人組のバンドグループで、これまでに2枚のアルバムも発売されています。

日本武道館や横浜アリーナ、大阪城ホールなどの公演も行われており、今一番注目が集まっているバンドなんだそうですよ。

まず主題歌として決定していましたが、映画の編集中に監督から直接連絡があったことから急遽挿入歌も担当することが決まったようです。

挿入歌は書き下ろしとなったようで、作品はもちろんのことこのバンドグループが歌う主題歌と挿入歌にも注目してみてくださいね!!

まとめ

今回は映画「ぐらんぶる」の公開日が決定したということで、どんな作品なのか紹介してみましたがいかがでしたか?

大ヒットした漫画がアニメ化され、実写化は不可能と言われていた作品。

まだまだ新型コロナウイルスの感染者が日々確認されている中、劇場で安心して映画鑑賞ができるよう各劇場では様々な対策が行われています。

私たちにも一人一人にできる対策を意識して映画を楽しみたいと思います。