動画配信おすすめはこちら!

22年目の告白(映画)無料動画配信・レンタルをフル視聴する方法やあらすじ・感想

22年目の告白(映画)無料動画配信・レンタルをフル視聴する方法やあらすじ・感想

2017年公開映画『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』は韓国映画「殺人の告白」を基に、藤原竜也・伊藤英明のW主演でアレンジされたサスペンスアクション。

こちらでは映画『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』の動画配信を無料で視聴する方法やあらすじ、キャスト、感想などをまとめていきたいと思います!


映画「22年目の告白‐私が殺人犯です‐」の
フル動画は『U-NEXT』で配信中です!
現在(2020年8月時点)レンタル作品(有料:550円)
ですが初回登録で貰える600円分のポイントを
利用して無料でフル視聴
することができます!

初回登録は31日間無料
&600ポイントプレゼント!/

動画配信サービスの比較

映画『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』が配信中の動画配信サービスは以下の通り↓

作品数料金(税抜き)ポイント付与無料期間配信中
140,0001990円毎月1200
(初月600)
31日
60,000933円×14日
120,000500円×31日
2,900400円×31日   ×
40,000888円毎月130014日 ×
10,000933円~毎月110030日

〇:見放題 △:レンタル ×:未配信

※上記の情報は、2020年8月の情報となります。
最新情報は各サイトにてご確認ください。

おすすめNo.1!U-NEXT

洋画、邦画、国内外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、雑誌などの様々なジャンルが揃っているU-NEXTは、月額1990円(税抜)でさらに毎月1200円分のポイントがもらえて、最新作映画や漫画などの有料コンテンツで利用できるなどサービスが盛りだくさんとなっています!

【U-NEXTの特徴】

◎作品数は約14万本以上!!国内NO.1!
U-NEXTより

◎雑誌70誌以上の読み放題

◎新作映画・マンガ・書籍などの有料コンテンツあり!

◎毎月1200円分のポイントが付与!
有料コンテンツで利用可能!
※ポイントの有効期間は90⽇間
U-NEXTより

◎最大4つのアカウント作成が可能!
U-NEXTより

◎ダウンロード機能あり

◎初回31日間無料お試し体験あり
(600円分のポイントプレゼント)

新作などのレンタル作品(有料)は
初回に貰えるポイントを使うと
すぐ無料で視聴できます!!

DailymotionやPandoraなどの
ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い
安心・安全・高画質

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!
U-NEXT簡単な登録方法の手順
U-NEXT解約・退会方法や違い解約前の注意点は?

ご登録はこちら♪

⇩ ⇩ ⇩ ⇩

初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント/

 


 
 

藤原竜也出演作品紹介!

【U-NEXTで配信中!】

カイジ 人生逆転ゲーム』◎
カイジ2 人生奪回ゲーム』◎
『DEATH NOTE デスノート』◎
『DEATH NOTE デスノート the Last name』◎
『バトル・ロワイアル』◎
『MONSTERS モンスターズ』◎
『ST赤と白の捜査ファイル』◎
『バトル・ロワイアルⅡ 鎮魂歌』◎
『I’M FLASH!』◎
『カメレオン』◎
『ドラマスペシャル 人間の証明』◎
『おかえり、はやぶさ』◎
22年目の告白‐私が殺人犯です‐』☆
人間失格 太宰治と3人の女たち』☆
Diner ダイナー』☆
るろうに剣心 京都大火編』☆
るろうに剣心 伝説の最期編』☆
『精霊の守り人 最終章』☆
『藤原竜也の三回道』☆

◎:見放題 ☆:レンタル(有料)
※2020年8月の情報となります


 

あらすじ

阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件が発生した1995年、三つのルールに基づく5件の連続殺人事件が起こる。担当刑事の牧村航(伊藤英明)はもう少しで犯人を捕まえられそうだったものの、尊敬する上司を亡き者にされた上に犯人を取り逃してしまう。その後事件は解決することなく時効を迎えるが、ある日、曾根崎雅人(藤原竜也)と名乗る男が事件の内容をつづった手記「私が殺人犯です」を発表し……。

Yahoo!映画

キャスト

 

曾根崎雅人:藤原竜也

22年前の殺人犯を名乗り、事件にまつわる告白本を発表する。


牧村航:伊藤英明

殺人事件の担当刑事の一人。


岸美晴:夏帆

事件の遺族。


小野寺拓巳:野村周平

牧村里香の婚約者


牧村里香:石橋杏奈

牧村航の妹。


春日部真司:竜星涼

牧村航の後輩刑事。


戸田丈:早乙女太一

橘組の構成員。

感想

 

とりあえず、感想を一言で表すのであれば、楽しかった、です。
「私が殺人犯です。」といった言葉には、どのような意味があるのだろう?と思いながらこの映画を観ました。自らが殺人犯である事を世の中に公表するという事はかなりの批判を浴びる事になるのに何故公表したのか。主演が藤原竜也さんでしたので、演技力にもかなり注目しておりました。その他の俳優さん質も有名所が多かったので更に楽しみは増しましたね。藤原竜也さんは期待を裏切らない演技でございました。ストーリーの中盤では、手記を出そうと思った意図が全く掴めませんでしたし、どんどんごちゃごちゃした情報が出てくるので、この後の展開どうなるの?と、全く先が読めなかったのですが、私は作中のとある一言で犯人が誰かわかってしまいました。映画を観ながら一緒に推理をしていく事が好きな方には結構オススメの作品です。(といっても私はそんなに推理力があるわけではありませんが…)それぞれの登場人物が、様々な感情・人間性があり、所々見入ってしまうシーンが多かったです。しかしながら、作中では殺人犯が殺人を犯すシーンも含まれておりますので、そういったシーンが苦手の方にはあまりオススメ出来ません。

 

 

まず冒頭のシーンから引き込まれました。時効を終えた殺人犯がメディアに登場し、出版や握手会を開くという異例の展開から始まるのです。絶対にありえない設定ではありますが、藤原竜也さんのオーラやカリスマ性が見事でした。俳優陣の演技力がとても素晴らしかったのも、この作品の大きな魅力だったと思います。一方で遺族の苦悩や葛藤も上手く描けていたと思います。遺族が話す部分はとても重くて胸が張り裂けそうになりますし、目を背けたくなるような描写もあります。ハラハラドキドキとテンポ良く進むので、無駄なシーンは不必要な登場人物が一切無いのも観客を飽きさせない魅力ですね。最初から最後まで程よい緊張感があるので、上映時間がとてもあっという間に感じました。裏付ける伏線の多さと綿密な構成には圧巻でした。どんでん返しや衝撃は結末に訪れるものですが、この作品においては何度も騙されて、何度も驚かされます。中盤にも吃驚な展開が待ち受けているので、一秒も目が離せない作品です。元ネタは韓国映画との事ですが、やっぱり韓国のサスペンスは素晴らしいですね。結末は分かっていますが、また何年か経ったら見たくなるような映画です。色んな方にオススメしたいです。

 

 

時効を迎えた殺人犯が、自身の殺人についての自伝を出版し、「私が殺人犯です」と、センセーショナルに登場するという、なんとも不快感を煽る謎に満ちたキャラクターを、藤原竜也が見事に演じています。
特に溜めの演技に定評のある彼ですが、そんな部分を内面に秘めているがゆえの、やや芝居がかった不適な笑みや、外連味に溢れる所作など全てが見事にはまっていて、何とも言えない奇妙さを体現してくれています。
本作は韓国映画のリメイク作品にあたるのですが、日本国内では時節的にどうしても現実の殺人犯が自伝を出版したという不快な現実を思い浮かべずにはいられないという点から、この作品に対してなかなか手が延びないということもあるかと思うのですが、そこは心配なく見られるよう配慮がされているという点が評価のポイントのひとつではないでしょうか。
本作はきちんとフィクションとしての見どころ、おとしどころをきちんと用意しており、犯人の殺人の理由も、想起させる現実の殺人事件とはまったくことなるものとなっているので、エンターテイメントとして安心して楽しむことができるはずです。
ほして、最後まで見たときに、この作品が本当にか足りかけたかったテーマに気づくことで、その思いはより強くなるはずです。

 

 

1995年、未解決のまま時効を迎えた5件の連続殺人事件が、ある人物によって再び動き出します。藤原竜也さん演じる曾根崎は自分が事件の真犯人だと名乗り、犯行の経緯や手段などを書いた本を出版し、突如会見を開いたりメディアに顔を出してインタビューを受けたり、と当時調査を担当していた伊藤英明さん演じる刑事・牧村を始めとし、被害者の遺族や世間も巻き込み大混乱を起こします。果たして曾根崎は何者なのか、真犯人は誰なのか、事件の真相はいかに!というストーリーなのですが、本作の見どころは視聴者を騙す見事な演出と役者の演技力です。当時の法律問題などにも触れていて最後の最後に伏線を全て回収し、完全に騙されてしまいました。そして、なんといっても見どころは豪華俳優陣の圧巻の演技力です。曾根崎の不気味で奇妙な立ち振る舞いや不敵な笑みを浮かべるシーンには少し鳥肌が立ちました。牧村はこの事件で大切な妹を殺害されているのですが、妹への想いとともに勇敢に犯人に立ち向かう姿には感動しました。そしてキーパーソンとなる仲村トオルさん演じる仙堂にも注目です。ラストシーンでの豹変ぶりに驚くこと間違いなしです。最後のどんでん返しをぜひ見ていただきたいです。

 

 

本作は韓国映画のリブートとして作られた作品ですが、内容に関してはかなり改変を加えており、よりスリリングかつ先の読めない展開の連続になっていました。ベースとなった韓国映画も合わせて観たので、より差が分かりました。劇中のメインキャストの演技も本当に素晴らしかったです。中でも個人的には伊藤英明さんの演技が素晴らしかったように感じました。海猿シリーズで熱い男を演じて以来そのイメージが根強く、今作でもそういう部分もありながらかつて愛する人を失った悲哀を感じさせる部分もあり、大変感情移入しながら観ることが出来ました。また、主役の藤原竜也さんに関してはいつも通りの存在感でスクリーンを支配していくような感覚がある素晴らしい演技だと思いました。カッコよくも嫌なヤツ、ムカつくように観客を煽ってみたかと思えば、終盤では気付いたら観客の側が感情移入してしまうような描写もあり、と見どころを沢山作ってくれていたように感じます。作品全体を通して劇中音楽がサスペンス、ホラー感を醸し出していて次の展開への高揚感を作ってくれているように感じました、ストーリー以外の部分でもしっかり楽しませてもらえたので、見終わったときには満足感がありました。

 

 

映画『22年目の告白』は韓国で大ヒットした『殺人の告白』をリメイク化したものです。
もちろん日本でも大ヒットを記録しました。
映画のキャスト陣を少しご紹介すると、主演は藤原竜也さん。
藤原竜也さんが今回の役を完全に表現しきっていて、見るものを完全に飲み込んでしまうほどききせまる迫力がありました。
他にも伊藤英明さん、夏帆さん、仲村トオルさん、野村周平さんなどの実力派が揃った映画ですのでそれだけでこの映画の面白さが伝わるのではないでしょうか。
ストーリーはタイトルにある通り、殺人事件が主となります。
日本でも殺人事件の公訴時効が撤廃された事も盛り込まれ話は進んでいきます。
現代の問題点や犯罪に対する考え方など沢山の注目ポイントは存在しますし、それだけではなく誰もが楽しめるように作られている作品だと個人的には思っています。
年齢層も若い方から年配の方まで幅広く楽しんでいただけると思います。
是非注目していただきたいのが前述した通り、藤原竜也さんの演技!
むしろ演技の枠を超えた藤原ワールドを見るだけでも一見の価値がある映画です。
凄い!としか表現できないのが本当に残念です。
ですが見ていただければわかると思います。
是非ご覧になってみて下さい。

 

映画「22年目の告白‐私が殺人犯です‐」の無料動画をフル視聴する方法のまとめ

2020年8月現在、映画「22年目の告白‐私が殺人犯です‐」をお試し期間で無料視聴できる動画配信サービスは『U-NEXT』『Hulu』『dTV』『TSUTAYA TV』です!

特におすすめなのは【作品数の多さ】【初回登録で600ポイント付与】がある『U-NEXT』です!

U-NEXTでは映画「22年目の告白‐私が殺人犯です‐」以外にもたくさんの作品が配信されており、無料お試し期間内でも十分にお楽しみいただけます!

U-NEXTより

是非この機会にご登録ください♪

初回登録は31日間無料 &600ポイントプレゼント!/

⇩ ⇩ ⇩