動画配信おすすめはこちら!

そして父になる(映画)無料動画配信・レンタルをフル視聴する方法やあらすじ・感想

そして父になる(映画)無料動画配信・レンタルをフル視聴する方法やあらすじ・感想

2013年公開映画『そして父になる』は、6年経って子どもの取り違えを知らされた2組の家族の絆や葛藤を描くヒューマンドラマ。

監督・脚本は是枝裕和。主演は福山雅治。

こちらでは映画『そして父になる』の動画配信を無料で視聴する方法やあらすじ、キャスト、感想などをまとめていきたいと思います!


映画「そして父になる」のフル動画は
U-NEXT』で配信中です!

初回登録は31日間無料
&600ポイントプレゼント!/

⇩ ⇩

動画配信サービスの比較

映画『そして父になる』が配信中の動画配信サービスは以下の通り↓

作品数料金(税抜き)ポイント付与無料期間配信中
140,0001990円毎月1200
(初月600)
31日
60,000933円×14日 ×
120,000500円×31日×
2,900400円×31日   ×
40,000888円毎月130014日×
10,000933円~毎月110030日 ×

〇:見放題 △:レンタル ×:未配信

※上記の情報は、2020年8月の情報となります。
最新情報は各サイトにてご確認ください。

おすすめNo.1!U-NEXT

洋画、邦画、国内外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、雑誌などの様々なジャンルが揃っているU-NEXTは、月額1990円(税抜)でさらに毎月1200円分のポイントがもらえて、最新作映画や漫画などの有料コンテンツで利用できるなどサービスが盛りだくさんとなっています!

【U-NEXTの特徴】

◎作品数は約14万本以上!!国内NO.1!

◎雑誌70誌以上の読み放題

◎新作映画・マンガ・書籍などの有料コンテンツあり!

◎毎月1200円分のポイントが付与!
有料コンテンツで利用可能!
※ポイントの有効期間は90⽇間

U-NEXTより

◎最大4つのアカウント作成が可能!

◎ダウンロード機能あり

◎初回31日間無料お試し体験あり
(600円分のポイントプレゼント)

新作などのレンタル作品(有料)は
初回に貰えるポイントを使うと
すぐ無料で視聴できます!!

DailymotionやPandoraなどの
ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い
安心・安全・高画質

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!
U-NEXT簡単な登録方法の手順
U-NEXT解約・退会方法や違い解約前の注意点は?

ご登録はこちら♪

⇩ ⇩ ⇩ ⇩

初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント/
 

福山雅治出演作品紹介!

【U-NEXTで配信中!】

U-NEXTより

マチネの終わりに』★
『集団左遷!!』★
『未来のミライ』★
『マンハント』◎
『龍馬伝』★
三度目の殺人』◎
真夏の方程式』◎
『容疑者Xの献身』◎
そして父になる』◎
るろうに剣心 伝説の最期編』★

◎:見放題 ★:レンタル(有料)
※2020年8月の情報となります


 

あらすじ

申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多(福山雅治)。順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が病院内で他人の子どもと取り違えられていたことが判明する。血縁か、これまで過ごしてきた時間かという葛藤の中で、それぞれの家族が苦悩し……。

Yahoo!映画

キャスト

 

野々宮良多:福山雅治

野々宮みどり:尾野真千子

斎木ゆかり:真木よう子

斎木雄大:リリー・フランキー

野々宮慶多:二宮慶多

斎木琉晴:黄升げん

 

『そして父になる』感想

 
※ネタバレ注意
 
 

 

こちらの映画のタイトルを見た時、「父になる」だとそのままの意味でストーリーを想像できていたのですが、「そして」がつくことによって、何かがあった後の「そして」の意味であると私なりに捉えて映画を見ました。それぞれの赤ちゃんの区別は難しいので、生まれた時にもし別の子供と取り違えられ、気づかないまま育てていたらと考えると、何を持って家族と言えるのだろうかと社会的な意味で考えさせられました。実際に養子として育てている中でも、血が繋がっていなかったとしても「愛」を分かち合えば、家族と言えると思いますし、子供も理解できるかもしれません。しかし、この映画の中では完全に取り違いされているという、とても複雑で言葉が出なくなりました。ストーリーの中で、実際の血縁関係のある家族のもとで生活をさせられるシーンがありましたが、本当の両親と一緒で本来幸せなはずなのに、子供の表情は硬く居心地が悪そうで、子供の気持ちを考えると涙が出ます。しかし、時間と共に少しずつ理解しようとする子供、そして子供を想って葛藤する親、すれ違う親子関係が多くありますが、そんな中で育まれる「愛」を共有することで幸せの形へと繋がるストーリー展開から目が離せませんでした。私自身の家族との在り方や思い出を考えさせられる映画でした。

 

 

とても複雑で難しいテーマの映画ですが福山雅治さんをはじめとする役者さんの素晴らしい演技力と演出のお陰で、見ている側も「自分だったらどんな気持ちだろう」と自分と重ねながら物語の世界に入り込む事が出来る素晴らしい映画です。
「家族」とはなんなのか、「親」とはなんなのか、「父親になる」というのはどう言う事を言うのだろうか、子供が産まれたら誰でも勝手に父親として自覚が芽生え、我が子が愛おしく思えるものなのか、愛おしい我が子がもし自分の望むような育ち方をしなかったら?自分とは全く似ていなかったら?どんな場合でも変わらず愛し続ける事ができるのか、そもそも「我が子」とは何なのか、家族のあり方、特に題名通り「父親になるとは何なのか」と言う事について深く考えさせられます。
作品全体の雰囲気は若干曇りがかったような日本映画が得意とする少し重めの時間がゆっくり流れるような雰囲気で、スピード感やキラキラした感動のようなものはないけれど不思議と最後まで飽きる事なく楽しむ事ができます。特に福山雅治さんが演じる主人公である父親の心情や葛藤が細かく描かれている所が印象的で、繊細な心の変化まで見ている側が感じる事ができる点には驚きました。
大きな映画館で見るよりも、お家で大切な人と見てほしい映画です。

 

 

生まれたときの新生児の取り違えがこの作品のスタートになっています。そして私自身も親として感じるのは育ての親か生みの親かどちらが大事なのかと言うことです。この作品を通じてもその結論は出なかったと言えるのではないでしょうか。どちらも深い結びつきがあり、結果的には気持ちがつながっているかどうかが最も大きなポイントになったと思います。しかしながらいかにDNAがつながっていたとしても生まれてからの環境で人間が大きく変わると言うのもこの作品を通じてよくわかりました。そして、何の罪もない子供を大人の論理で、実は君の両親はこの人なんだよと押し付けてお金でやり取りする事は絶対にいけないと言うふうに感じます。また超合理的だった福山雅治さんが演じる父親が少しずつ人間らしくなっていく姿がこの作品を見ているとよくわかります。自由奔放に生きてきた子供が福山雅治のような超合理的なパターンの父親とそりが合うわけもありません。こう考えていくとやはり生みの親より育ての親の方が大事なのかなと感じることもありました。この作品の最後は両家が仲良く一緒に生きていくイメージで終わりますが現実はこのような簡単なものでは無いかもしれません。 

 

 

『そして父になる』は、当初福山雅治さんの父親役がしっくり来なくあまり興味がなかったのですが、見る機会があったので見てみたら意外に父親役が似合っていてビックリしました。あまり子供と関わり合いのない、どこか冷めた父親役を演じていたのがピッタリでした。ストーリーは、かなり残酷な設定で、もし自分が福山さんたちと同じような状況になったらと思うと、何も答えが出ないと思いました。それまで実の子供と思っていたのが、他人の子供だったなんて信じることが出来ないと思います。しかもその取り違いが、福山さんたちのことを妬んだ看護士が故意に行ったことだと知ったら、絶対に裁判沙汰になると思いました。福山さん演じる、それまであまり子供に関心がなかった父親が取り違えが発覚してから父親の自覚が少しずつ芽生えて来たところです。元の息子に対して「お父さんだったんだよ」と叫ぶシーンは、思わず泣いてしまいました。出来ればその後の二家族の交流を映画化してもらいたいです。リリーフランキーさん演じる、お茶らけた父親役と福山さん演じるきちっとした父親役のギャップが凄すぎて、自分だったらリリーさんの方が好きかなとも思いました。本当の家族というものを考えさせられた映画です。

 

 

もし、今まで愛し、可愛がってきた我が子が他人の子供だとしたら、一体どんな感情がわくだろうか?今までと同じように愛せるだろうか?いろいろな事を考えてしまいました。赤ちゃんの取り違えは今まで数々の例があります。それを防ぐために看護師さんが新生児の足の裏に母親の名前を書いておく、というのは有名な話です。しかし、看護師が意図的に取り違えさせたとしたら?この映画はそんな難しい問題をテーマにした映画です。血は繋がっていなくても、育ててきた子供に愛情を感じる気持ちはもちろんわかります。でも、血の繋がった本当の我が子も可愛い。知ってしまった以上は引き取ってこの手で育てたいと思っても当然です。しかし、それは大人の目線でしか過ぎません。子供たちはそんな大人のエゴなど理解できるわけありません。育ててもらった人が親であり、今さらその概念を覆す能力はまだ備わっていなかったのです。本当に残酷なことです。しかし、順応性にすぐれているのも子供の特徴です。少しずつ、状況を理解しつつある姿も悲しかったです。しかし、どんなに恨もうが責めようが、取り違えさせられた事実は変わりません。未来を変えていくしか術はないのです。2人の家族はそれに気付き、子供たちのための未来を歩む決意をしたようで安心しました。全ては子供たちのために。

 

映画「そして父になる」の無料動画をフル視聴する方法のまとめ

2020年8月現在、映画「そして父になる」をお試し期間で無料視聴できる動画配信サービスは『U-NEXT』です!

U-NEXTでは映画「そして父になる」以外にもたくさんの作品が配信されており、無料お試し期間内でも十分にお楽しみいただけます!

U-NEXTより

是非この機会にご登録ください♪

初回登録は31日間無料 &600ポイントプレゼント!/

⇩ ⇩

こちらも合せてどうぞ!是枝裕和監督作品!!/