動画配信おすすめはこちら!

児童発達支援の職員が体罰、怪我の画像が酷すぎる!職員の特定や施設の名前はどこ?

NO IMAGE

ツイッターに投稿されたあるツイートが物議を呼んでいます。

それは児童発達支援の放課後等デイサービスに息子を預けていたところ、職員から体罰を受けたという母親の悲痛な叫びの内容です。

児童発達支援の職員が体罰、怪我の画像が酷すぎる!職員の特定や施設の名前はどこ?

頬に手形が残るほど強い力で叩かれた様子が見て取れますね。

耳もつねられたのでしょうか。赤身が強く残り、目の周囲にはかさぶたができるほどの怪我を負っているのがわかります。

あまりにも酷い仕打ちに言葉がみつかりません。

たとえどんな理由があろうと、まだ幼い子どもに対してここまで酷い暴力を負わせた職員の人間性を疑ってしまいます。

この一連のツイートに対し

同じ親として黙ってみていられない!
被害届を出すべき!

施設名を公表しては?
泣き寝入りは絶対だめ!!

身体の傷はもちろんだけど、心の傷が心配。

体罰というより、もはや傷害事件では?
うやむやにさせず、しっかり闘ってほしい。

酷すぎて言葉が見つからない。
然るべき処罰が下されてほしい。

施設名や職員の名前を公にするべきでは?
でないと今後も同様の被害者が出てしまう

など、援護の声・施設職員に対する非難の声が多数上がっています。

ツイート主の投稿によると“暴行を加えた職員の処罰はわからず、まだ働くよう”で、あまりにも被害者に対しておざなりな対応に思えます。

わたし個人としてもこの事件が明るみになることを祈っています。

まとめ

ツイート主は現在病院・警察に行き、障害福祉課に相談もされているようです。

ですが、障害福祉課ではすでに警察が介入しているため指導だけで終わってしまうと伝えられたそう。

我が子にこんな仕打ちをされて行政指導だけというのは、当事者でなくとも納得しかねます。

弁護士事務所にも相談されるということですので、納得のいく結果になることを祈っています。