動画配信おすすめはこちら!

十二人の死にたい子どもたち(映画)無料動画配信・レンタルをフル視聴する方法やあらすじ・キャスト

十二人の死にたい子どもたち(映画)無料動画配信・レンタルをフル視聴する方法やあらすじ・キャスト

2018年公開映画『十二人の死にたい子どもたち』は、作家・冲方丁の小説を原作に堤幸彦監督が映画化。

廃病院の密室を舞台に、安楽死をするために集まった12人の少年少女たちがいるはずのない13人目の死体を見つけ、犯人捜しと12人の死にたい理由が明らかになっていくミステリーサスペンス。

こちらでは映画『十二人の死にたい子どもたち』の動画配信を無料で視聴する方法やあらすじ、キャスト、感想などをまとめていきたいと思います!


映画「十二人の死にたい子どもたち」の
フル動画は『U-NEXT』で配信中です!
現在(2020年7月時点)レンタル作品(有料:550円)
ですが初回登録で貰える600円分のポイントを
利用して無料でフル視聴
することができます!

\初回登録は31日間無料
&600ポイントプレゼント!/

⇩ ⇩ ⇩

動画配信サービスの比較

映画『十二人の死にたい子どもたち』が配信中の動画配信サービスは以下の通り↓

作品数料金(税抜き)ポイント付与無料期間配信中
140,0001990円毎月1200
(初月600)
31日
60,000933円×14日 ×
120,000500円×31日
2,900400円×31日 × 
40,000888円毎月130014日 ×
10,000933円~毎月110030日

〇:見放題 △:レンタル ×:未配信

※上記の情報は、2020年7月の情報となります。
最新情報は各サイトにてご確認ください。

おすすめNo.1!U-NEXT

洋画、邦画、国内外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、雑誌などの様々なジャンルが揃っているU-NEXTは、月額1990円(税抜)でさらに毎月1200円分のポイントがもらえて、最新作映画や漫画などの有料コンテンツで利用できるなどサービスが盛りだくさんとなっています!

【U-NEXTの特徴】

◎作品数は約14万本以上!!国内NO.1!

◎雑誌70誌以上の読み放題

◎新作映画・マンガ・書籍などの有料コンテンツあり!

◎毎月1200円分のポイントが付与!
有料コンテンツで利用可能!
※ポイントの有効期間は90⽇間
U-NEXTより

◎最大4つのアカウント作成が可能!

◎ダウンロード機能あり

◎初回31日間無料お試し体験あり
(600円分のポイントプレゼント)

新作などのレンタル作品(有料)は
初回に貰えるポイントを使うと
すぐ無料で視聴できます!!

DailymotionやPandoraなどの
ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い
安心・安全・高画質

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!
U-NEXT簡単な登録方法の手順
U-NEXT解約・退会方法や違い解約前の注意点は?

ご登録はこちら♪

⇩ ⇩ ⇩ ⇩

\初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント/
 


 

橋本環奈出演作品紹介!

【U-NEXTで配信中!橋本環奈さん出演作品】

『銀魂』☆
『銀魂2 掟は破るためにこそある』☆
十二人の死にたい子どもたち』☆
キングダム』☆
シグナル100』☆
斉木楠雄のΨ難』◎
『奇跡』◎
『セーラー服と機関銃』◎
『セーラー服と機関銃-卒業-』◎
『Rev.fromDVL ラストライブ“NEVER SAY GOODBYE-arigatou-”@赤坂BLITZ』◎
『Rev.fromDVL ライブツアー「LIVE AND PEACE vol.4」』◎
『NEVER SAY GOODBYE』◎

☆:レンタル(有料) ◎:見放題
※2020年7月の情報となります

あらすじ

それぞれの理由で安楽死を望み、廃病院の密室に集まった12人の少年少女は、そこで死体を見つける。死体が何者で自殺なのか他殺なのか、集まった12人の中に殺人犯がいるのか。やがて、12人の死にたい理由が明らかになっていく。

Yahoo!映画

キャスト

7番 アンリ:杉咲花

17歳。高校3年生。全身黒。高度な知性。


5番 シンジロウ:新田真剣佑

17歳。高校3年生。推理好き。薬や医療機器に詳しい。


9番 ノブオ:北村匠海

18歳。高校3年生。爽やか。学校では人気者。


1番 サトシ:高杉真宙

15歳。高校1年生。安楽死の集いの主催者。冷静沈着。


6番 メイコ:黒島結菜

18歳。高校3年生。ファザコン。利己主義。


4番 リョウコ:橋本環奈

17歳。高校2年生。芸名:秋川莉胡。天才子役から人気女優へ。大人びて冷静。


11番 マイ:吉川愛

17歳。高校3年生。ギャル。難しいことはわからない。


8番 タカヒロ:萩原利久

16歳。高校1年生。吃音。薬を常用。


2番 ケンイチ:渕野右登

16歳。高校2年生。いじめられっ子で空気が読めない。


10番 セイゴ:坂東龍汰

15歳。高校1年生。不良キャラ。弱者には優しい親分肌。


3番 ミツエ:古川琴音

16歳。高校2年生。ゴスロリ。


12番 ユキ:竹内愛紗

15歳。高校1年生。おとなしく、目立つことが嫌い。


感想

 

 

この作品は、実力派の俳優陣が多く出演していることやタイトルの迫力があり観ました。良いと思ったのは、近年の日本では若者の自殺者が多く後を絶えない中で、命の大切さだけで無く生きて行く意味を自ら見出すことが出来たことです。12人はそれぞれ色んな違った境遇や悩みで死を考える、決断するまでになってしまっていました。私が感じたのは、人間は一人ひとり違うけれど未来に向かって精一杯生きようと前を向くことは使命なんだと。どうやって命を経つかを考えるには全員の意見は一致せずに居たのは本当は全員生きていたいのだと感じました。孤独だった心も、同じ目的を持った仲間が集まることで共感が生まれたり色んな意見を貰えて客観的に見ることができるのは大切で、今の自分にも必要なことだと再確認することが出来る作品でした。今勢いのあるテレビの俳優達がこういう深刻な問題を映画として発信するのはとても意味があることです。13人目の居るはずのない死体があった事で、死に対する考えが変わったのは良かったですが、最後の終わり方がちょっと満足感はあまり無かったです。この作品は最後で感動するというよりは最初から最後まで同じ温度で見続けられる物語です。

 

 

若手俳優と女優がたくさん出演しており、いつもとは異なる雰囲気のキャラを演じている方が多いので彼らの新たな一面を見ることができます。
12人の少年少女は一体何のために安楽死することを望み、廃病院に集まったのか。それぞれの理由や意志を知ることで共感し、時にはそんなことでやって来たのかと思うこともあれば、驚愕の真実を話す子もいて、死のきっかけというものは結局のところ本人しか分からないのにそれを理解し探ろうする他者の存在に何か無力なものを感じました。
死についてとても考えさせられますし、同時に生きる意味や生への渇望、執着を生々しく見せつけられるので感慨深いものがありました。
見どころは、13人目の存在で、そして死体であることです。どのようにして辿り着き、死体となったのか。秘密を知る者が12人の中に必ずいるのに、少年少女たちはダマし合い真実を語りません。もしかしたらこの中に13人目を手にかけたものはいないのでは、とも思えますし、全員が知らないのでは、とも思える究極の心理戦が繰り広げられます。事実と真実が明かされるとき、散らばったピースが一つずつ当てはまるようで、何とも言えない気持ち良さと奇妙さを感じました。
10代という未成年の集団自殺を描く作品なので、10代ならではの悩みや行動が持ち味です。

 

 

最初は題名からして不気味で怖いお話なのかなと思っていましたが、実際に見てみると思っている内容とは違い理由がわかりました。十二人の死にたい子どもたちには各自いろいろな思いや理由があって、生きることに絶望してしまった子どもたちが不思議な集会に集まってきたのだけど、一人多いことに気がついてそこから物語は進んでいくのですが十二人が死にたいと思った理由がどんどん明かされていくところが面白かったです。この映画の見どころは、なぜこのような企画を考えついてなぜ参加者達は集まってきたのかというところです。キャストがすごく豪華で主演の杉咲花さんを始め、高杉真宙さんや新田真剣佑さん、北村匠海さんや橋本環奈さんなど今をときめく若手俳優陣達が作り上げている作品なので演技がとても上手ですし引き込まれていきます。誰でも一度は挫折したり嫌なことがあったりした経験があり、死にたいと思うこともあるかもしれませんが、本当は誰かに支えて欲しかったり助けて欲しかったりします。この映画はまさにそんな若者達の気持ちを代弁しているのかと思うぐらい映画を通じて死を選んだらいけないということが伝わってきます。深い意味がある映画だと思いました。

 

 

それぞれの子が事情を抱えて集まってきますが、本人には深刻な悩みも、実は他人から見れば大したことないという、いい例だと思います。
ですが、その悩みを打ち明けられる大人や友人がいないから、安易に死を選ぼうという結論に至ったことを考えると、死に急ぐ彼らだけの問題ではない気がします。無関心は何よりも残酷な攻撃方法なんだなと改めて感じました。
ただ、身内や知り合いよりも、名前も知らない他人の方が本心を打ち明けやすいという点は、ネット社会に慣れた今時の子らしい感覚だし、リアリティがありました。
最初はタイトルの12という数字にどういう意味があるのか疑問でしたが、序盤からなぜかいるはずのない13人目が存在したことで納得できました。13という数字は何となく不吉なイメージがあるし、奇数で割り切れないというところが、彼らのモヤモヤする気持ちと重なっているような気がしました。その上、廃病院という舞台が、より一層の恐怖心を煽りますが、ホラーでも謎解きミステリーでもない、もっと深い人間ドラマにシフトしていくという流れが秀逸です。
主催者のサトシは終始本心を見せず、ミステリアスなままですが、多くを語らなくても全員の命に対する価値観を変えることができたのは、他のメンバーにとって大きな財産になったと思います。

 

 

12人がそれぞれに問題や悩みを抱えていて、死にたい子どもたちがある廃墟に集まります。ここで死にたい人は挙手をして、全員が挙手をしたら全員で死ねるけど一人でも死にたくないという人がいたら死ねない。なぜか一人ベッドに寝て死んでいる人が。犯人が自分たちだと思われたくなくてどのようにカモフラージュするか、証拠隠滅するか、それを数人ずつに別れて考えていく。そこで自分の過去や悩みをさらけ出していく。12人の死にたい子どもたちはみんなで一緒に死ねるのか。というのがおおまかなストーリーです。一人ひとり悩みがあって死にたいほど悩んでいてここにきてみんなと一緒なら死んでもいいという人たちが集まったのだと思うのですが、みんなが集まると死にたくないといか死ななくてもいいんじゃないかとか、死にたいと思っている自分だけじゃない仲間たちと出会うことで心が動かされていくのかなと思います。最後の結末はいろいろな伏線があったことや事実が判明したりとすかっとしました。孤独になり死にたくなっても同じような考えを持った人たちがいると知ることによって、またそういう人たちに悩みなどを打ち明けることによって考えが変わっていくのだなと思います。

 

 

好きな女優さん目当てで見に行きました。内容はシンプルな心理劇かつ推理もので、見ている人が登場人物と一緒に考えた事て推理しながら楽しむことができるいい脚本だと思いました。全部の出来事が誰がしたことなのか本当に予想できず、まさかこの人がしてたのかと驚きました。テーマは自殺についてと重たい内容で、それぞれの集団自殺をしようと思った理由がちゃんと設定されており回想もしてくれるので推理ものが苦手な方でも分かりやすい内容で楽しみやすいと思います。少々グロテスクなシーンもあるので注意ですが、サスペンスというよりはヒューマンドラマのような感じで、予告を見た時と本編を見終わった後では印象がぜんぜん違いましたが満足できましたし、考えさせられる内容だったので子どもにも見せやすい映画です。若い役者の方が多いのですが、若いからこそ心情や表情が若者の苦悩や葛藤をよく感じることができるし、同年代である自分的には共感しながら見ることができました。人物の設定の作り込みが丁寧で、一人一人違った性質の人物たちが話し合って交流していく様子はとてもリアリティを感じられました。作り込まれてはいますが、難しすぎずあっさりとした内容で見やすい映画だと思います。

 

映画「十二人の死にたい子どもたち」の無料動画をフル視聴する方法のまとめ

2020年7月現在、映画「十二人の死にたい子どもたち」をお試し期間で無料視聴できる動画配信サービスは『U-NEXT』『dTV』『TSUTAYA TV』です!

特におすすめなのは【作品数の多さ】【初回登録で600ポイント付与】がある『U-NEXT』です!

U-NEXTでは映画「十二人の死にたい子どもたち」以外にもたくさんの作品が配信されており、無料お試し期間内でも十分にお楽しみいただけます!

U-NEXTより

是非この機会にご登録ください♪

\初回登録は31日間無料 &600ポイントプレゼント!/