動画配信おすすめはこちら!

悪人(映画)無料動画配信をDailymotionやPandora以外でフル視聴する方法

悪人(映画)無料動画配信をDailymotionやPandora以外でフル視聴する方法

2010年公開映画『悪人』は原作・吉田修一と李相日監督が初タッグを組んだフューマンドラマ。
主演は妻夫木聡。

こちらでは、映画『悪人』の動画配信を無料で視聴する方法やあらすじ、キャスト、感想などをまとめていきたいと思います!

映画『悪人』は
Huluで配信中!

\初回登録2週間無料トライアルあり!/

⇩ ⇩ ⇩


動画配信サービスの比較

映画『悪人』が配信中の動画配信サービスは以下の通り↓

作品数料金(税抜き)ポイント付与無料期間配信中
140,0001990円毎月1200
(初月600)
31日×
60,000933円×14日
120,000500円×31日
2,900400円×31日 × 
40,000888円毎月130014日
10,000933円~毎月110030日

〇:見放題 △:レンタル ×:未配信

※上記の情報は、2020年7月の情報となります。
最新情報は各サイトにてご確認ください。

日テレ系番組が豊富なHulu!

動画配信サービス【Hulu】は月額933円(税抜)で、映画や国内外ドラマ、日テレ系番組、Huluオリジナルドラマなど充実している動画配信サービスです♪

【Huluの特徴】

◎作品数60,000本以上を配信!

◎国内ドラマ・海外ドラマの本数が多い

◎日テレ系列の番組やHulu限定オリジナル作品あり

◎放送中のドラマやバラエティ番組の見逃し配信あり

◎マルチデバイス対応

◎ダウンロード機能あり

◎2週間無料お試し体験あり

DailymotionやPandoraなどの
ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い
安心・安全・高画質

無料期間のみお楽しみいただくことも可能で
無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!

Hulu簡単な登録方法の手順
Hulu解約・退会方法や違い解約前の注意点は?

\初回登録2週間無料トライアルあり!/

⇩ ⇩ ⇩


妻夫木聡さん出演作品紹介!

【Huluで配信中!】

怒り
感染列島
『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』
『オレンジデイズ』
『イノセント・デイズ』
『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』
『黒衣の刺客』
『殿、利息でござる!』
『東京家族』
『家族はつらいよ』
『家族はつらいよ2』
『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』
『小さいおうち』
『ブタがいた教室』
『マイ・バック・ページ』

※2020年7月の情報となります

 

あらすじ

若い女性保険外交員の殺人事件。ある金持ちの大学生に疑いがかけられるが、捜査を進めるうちに土木作業員、清水祐一(妻夫木聡)が真犯人として浮上してくる。しかし、祐一はたまたま出会った光代(深津絵里)を車に乗せ、警察の目から逃れるように転々とする。そして、次第に二人は強く惹(ひ)かれ合うようになり……。

Yahoo!映画

キャスト

清水祐一:妻夫木聡

長崎の港町に住む土木解体作業員。暗い性格で話下手。幼い頃、母親に捨てられ祖父母に育てられる。趣味は車。毎日の暮らしに楽しみを見いだせずにいる。


馬込光代:深津絵里

佐賀に住む紳士服店の販売員。真面目で大人しい性格。出会い系サイトで祐一と出会う。


石橋佳乃:満島ひかり

福岡で働く保険の外交員。増尾に好意を寄せる。出会い系サイトで祐一と出会い、金銭を要求したり見下した態度を取る。


増尾圭吾:岡田将生

実家が老舗旅館の福岡の大学生。裕福で自由気ままで性格が悪い。軽い気持ちでナンパした佳乃を疎ましく思っている。


石橋佳男:柄本明

佳乃の父。理容店を経営。一人娘の佳乃のことをいつも気にかけている。


清水房枝:樹木希林

祐一の祖母。祐一を捨てた娘のことを快く思っておらず、祐一を我が子のように育てる。


感想・評価

 

※ネタバレが含まれている場合もありますのでご注意ください。

 

 

評価:★★★★★
誰が本当の悪人なのか、そして本当の愛とは何なのか、深く考えさせられる映画でした。
世の中で罪とされていることと、悪とすら感じずに罪を犯す人、本当の悪に対する世の中の矛盾について、上手く描かれていました。
吉田修一さんの原作も読んでから見ましたが、妻夫木聡さんと深津絵里さんの演技も素晴らしく、原作の巧妙な世界が、李監督によって見事に表現されていて最後まで引き込まれてしまいました。被害者の父親役の柄本明さんが、被害者の娘に傘をさしてあげるシーンは大好きで、思い出すだけで今でも涙が溢れます。
みんながいろんな意味で悪人であり、ずる賢く生きる人間臭さや、人間の弱さ、愛する人を信じる人間の強さも感じました。
大切に育てたにも関わらず、加害者になってしまった子の親や、親戚の気持ちもとてもリアルで考えさせられました。樹木希林さんのリアルな演技は圧巻でした。
軽はずみに人間を追い込む、マスコミやメディアの罪の重さも感じました。事件は思わぬ方向へ進んで行き、衝撃のラストシーンでは、震えるほど号泣しました。重くて暗い映画ですが、後世にも引き継がなければいけない人間のテーマだと思います。未来に残したい映画のひとつです。

 

 

評価:★★★★★
誰にも幸せが訪れない結末に犯罪のリアルさを感じた作品でした。出会い系で出会った相手に愛情を求めた結果、裏切られた愛情が殺意となってしまう妻夫木聡さん演じる祐一の姿に背負っている孤独の大きさを感じました。助けを求めようにも求められない現状に再び出会い系で知り合った深津絵里さん演じる光代に愛情を求める姿に歪んだ人間性と共に人間の弱さを強く感じました。そんな祐一の弱さに寄り添おうとする光代が見られ、自首しようとする祐一を引き留め二人で逃げる決意をした姿は二人にしか理解できない絆を感じました。警察が間近に迫った際、突如光代の首を絞める祐一の姿が見られましたが、光代を共犯と思わせないための行動に思え、極限の状態での判断に胸が苦しくなりました。首を絞める手に力が入る様子に光代への愛情と犯罪への後悔を感じました。自首を阻止したことを泣いて謝る光代が見られましたが、二人での時間を共有できたことは祐一の寂しさを埋めることができた時間であり、その幸せな時間を失う恐怖が首を絞める手の強さに現れていたように思います。犯罪が起こるきっかけとなった出来事の積み重ねを思うと、本当の意味での悪人は誰なのかと考えさせられる作品でした。奥深い作品です。

 

 

評価:★★★★☆
とにかく、なんとも言えない悲しく暗く切ない気持ちになる作品でした。
まず、妻夫木聡さんと深津絵里さん、脇を固める役者さんたちの演技力に圧巻されます。普段テレビで見ているキラキラした人たちとは全く違う、人間の弱さやもどかしさを演じきっていました。
作品名は「悪人」ではありますが、決して悪人の話ではないと思いました。人間が誰でも持っている弱さ、それを出してしまうかどうかは、その人の置かれた環境によるものだと思います。登場する誰もがパッとしない毎日を送っていて心に何か抱えています。特に主演の妻夫木聡さん深津絵里さんはそれが顕著に現れる役どころです。どちらかというと、底辺の環境にいます。人間誰しもその環境に居れば、そうなってしまうよな、、、と理解さぜるをえない、むしろ共感してしまいます。作品ではその環境を大袈裟に表現していますが(もちろん、この世の中で同じような環境にいる人も実際にいるでしょう)そこで顕著になる感情や行動は誰しもが持っていて共感できるものです。
「悪人」という作品名ですが、その中には環境からくる、その人の性格からくる、様々な「悪人」となる感情や行動の中に、その人の優しさが表現されていて、その表現が、観た後の悲しみややるせなさを一層強くします。

 

 

評価:★★★★☆
映画を観ている最中は、淡々とそれほど派手でも美しくもない、どちらかというと鄙びた風景を見続けているだけなのですが、その後長年にわたってその光景が心に残り続ける映画でした。
準主役を演じた深津絵里の美しさと演技力は際立っており印象的でした。
この物語には、「悪人」が沢山出てきます。
タイトル通り、法に触れる殺人を犯し、誘拐・逃亡犯とまでなった主人公、妻夫木聡演じる清水は、文字通りの悪人です。
見終わった直後は、清水は世間では悪人そのものであったが、あまりにも平凡・つまらなく切ない毎日を送っていた光代にとっては、そうではなく、真実の愛を得た人独特の清らかさと優しさに満ちていた姿に余韻が残りました。
しかし、数年経過するうちに、主人公の人生がどうでもよいようななりふり構わぬ捨て鉢な生き方が、自身とその周囲に対してブラックホールのように良くない事を吸寄せてしまっていることが悪人と言えるのではないかと思えるようになってきました。
登場人物は皆、困惑と驚きの中で人間模様が描かれていますが、みんなどこか“悪い”じゃない!?ということにジワジワ気付いていきます。
日常的によくありがちな事でも、そこに「悪人」が絡むと法に触れるような大事が起きてしまう…。
そのような悪人を心底愛した光代の姿を美しく感じました。

 

 

評価:★★★★★
2時間20分程度の作品ですが、正直めちゃくちゃ面白いです。殺人事件の真犯人として容疑が疑われる妻夫木聡と、ある出来事で偶然出会った深津絵里の逃避行を描いているのですが、あまりに重く苦しい場面が多いです。
まず、物語の最初から心の苦しくなるようなシーンや展開が続きます。そして、そこから2時間以上緊迫感漂う展開が続き、ラストで衝撃の結末が待っているのがこの映画の大まかなストーリーです。
この映画を観て感じたのは、自分の良心の葛藤です。この自分の感情はどう処理すれば良いのか、どう表現すれば良いのか分からなくなります。それくらい考えさせられるなかなかの名作かと感じます。
また、この映画に出演している妻夫木聡と深津絵里の演技の素晴らしさにため息が出てしまう程です。この映画はストーリーも素晴らしいですが、この2人の演技力があったからこそ完成された作品です。2人の表情からどのような考えなのか思いなのか、読み取ろうとするだけで心が苦しくなり切なくなり、涙が出てしまいます。また、樹木希林も出演し、さらにこの映画を素敵なものと変えています。
とても考えさせられる素晴らしい映画です。日本の映画でここまでの映画はなかなか出会えないです。ぜひ観てください。

 

 

評価:★★★★★
全体的に暗い雰囲気で最初から最後まで突っ切る映画なのですが、出ている俳優陣の演技が鳥肌が立つほど素晴らしいです。妻夫木聡の田舎のヤンキーにもなれずにうるさい車を乗り回し、心の底では人と繋がりたいと言う役柄や、深津絵里の同居している妹に心のどこかでは嫉妬している冴えない紳士服売り場の女性役、満島ひかりの「こんな女いる!」という控えめに言ってクソ女、岡田さんの演じる金持ちのボンボン、樹木希林の老人向けの詐欺に騙されるおばあちゃん。どれもがとてもリアルすぎて、全てが重く悲しく、もう少し早く主人この二人が出会うことができていれば…と心が痛くなる映画でした。作中がとても重く、もし見ている中に救いがあるとすれば音楽が久石譲さんでとても美しいということでしょうか。誰もが誰かの家族や恋人、そして友人であり、そして誰もが悪人である。環境が悪人を作るという重いテーマですが、最高にモヤモヤと後味が悪く、誰が一番悪かったのかわからないまま終わってしまい、本当に何度も見返したくなるような映画だと思います。ただ、個人的な感想として勧善懲悪やスピーディーに分かりやすいドラマを見たいと言う層には、あまり受けないだろうなというのが率直な感想です。

 

映画「悪人」の無料動画をフル視聴する方法のまとめ

2020年7月現在、映画「悪人」をお試し期間で無料視聴できる動画配信サービスは『Hulu』『FOD』です!

映画「悪人」以外にもたくさんの作品が配信されており、無料お試し期間内でも十分にお楽しみいただけます!

是非この機会にご登録ください♪

\初回登録2週間無料トライアルあり!/

⇩ ⇩ ⇩

\こちらも合せてどうぞ!吉田修一と李相日監督のタッグ作品!/