動画配信おすすめはこちら!

決算!忠臣蔵/無料動画配信をDailymotionやPandora以外でフル視聴する方法【映画】

決算!忠臣蔵/無料動画配信をDailymotionやPandora以外でフル視聴する方法【映画】

2019年公開映画『決算!忠臣蔵』。

過去に忠臣蔵の映画は何度も製作されてきましたが、『決算!忠臣蔵』は「予算」がテーマ!

忠臣蔵で知られる大石内蔵助が記した決算書を基に、討入り計画の実像に迫る山本博文の著作をコメディとして実写化された作品!

監督は「殿、利息でござる」の中村義洋。

こちらでは、映画『決算!忠臣蔵』の配信動画を無料で視聴する方法やあらすじ、キャスト、感想などまとめています。


映画「決算!忠臣蔵」のフル動画は
U-NEXT』で配信中です!
現在(2020年7月時点)レンタル作品(有料:550円)
ですが初回登録で貰える600円分のポイントを
利用して無料でフル視聴
することができます!

\初回登録は31日間無料
&600ポイントプレゼント!/

⇩ ⇩ ⇩

動画配信サービスの比較

映画『決算!忠臣蔵』が配信中の動画配信サービスは以下の通り↓

作品数料金(税抜き)ポイント付与無料期間配信中
140,0001990円毎月1200
(初月600)
31日
60,000933円×14日 ×
120,000500円×31日×
2,900400円×31日 × 
40,000888円毎月130014日
10,000933円~毎月110030日

〇:見放題 △:レンタル ×:未配信

※上記の情報は、2020年7月の情報となります。
最新情報は各サイトにてご確認ください。

おすすめNo.1!U-NEXT

洋画、邦画、国内外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、雑誌などの様々なジャンルが揃っているU-NEXTは、月額1990円(税抜)でさらに毎月1200円分のポイントがもらえて、最新作映画や漫画などの有料コンテンツで利用できるなどサービスが盛りだくさんとなっています!

【U-NEXTの特徴】

◎作品数は約14万本以上!!国内NO.1!

◎雑誌70誌以上の読み放題

◎新作映画・マンガ・書籍などの有料コンテンツあり!

◎毎月1200円分のポイントが付与!
有料コンテンツで利用可能!
※ポイントの有効期間は90⽇間
U-NEXTより

◎最大4つのアカウント作成が可能!

◎ダウンロード機能あり

◎初回31日間無料お試し体験あり
(600円分のポイントプレゼント)

新作などのレンタル作品(有料)は
初回に貰えるポイントを使うと
すぐ無料で視聴できます!!

DailymotionやPandoraなどの
ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い
安心・安全・高画質

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!
U-NEXT簡単な登録方法の手順
U-NEXT解約・退会方法や違い解約前の注意点は?

\初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント/

⇩ ⇩ ⇩
 

U-NEXTを過去に登録したことある方は?

U-NEXTに登録したことある方には『TSUTAYA TV/DISCAS』がおすすめ!
U-NEXTと同様に【初回30日間無料と1100ポイントプレゼント】があるのでポイントを使って新作映画を視聴することができます!


映画「決算!忠臣蔵」のフル動画は
『TSUTAYA TV』で配信中です!
現在(2020年7月時点)レンタル作品(有料:550円)
ですが初回登録で貰える1100円分のポイントを
利用して無料でフル視聴
することができます!

\初回登録は30日間無料 &1100ポイントプレゼント!/

⇩ ⇩ ⇩

【TSUTAYA TV/DISCASの特徴】

◎DVD/CDの宅配レンタル(TSUTAYA DISCAS)と
動画配信サービス(TSUTAYA TV)

月額2417円(税抜)で1,100円分のポイント付き

◎TSUTAYA TVの見放題配信数は
約10,000本以上(新作・準新作を除く)

◎TSUTAYAのDVD/CDが借り放題!
(自宅まで配送するサービスでPC・スマホで予約
→自宅に郵便でお届け
→ポストに返却、最短で翌日にお届け)

◎登録時はクレジットカード決済
ソフトバンクまとめて支払
ワイモバイルまとめて支払のみ

TSUTAYA TV/DISCASは
初回登録の方は30日間が無料になります!
さらにポイント1100円分が貰えますので
レンタル作品が無料で視聴できます!

注意することは2カ月目から料金が
発生してしまうので無料期間内に解約
してもらうことだけ!!

初回登録30日間無料&1100ポイントプレゼント!/



 

あらすじ

今から約300年前。赤穂藩藩主・浅野内匠頭(阿部サダヲ)は幕府の重臣・吉良上野介に斬りかかり、即日切腹、藩はお取り潰しに。
筆頭家老・大石内蔵助(堤真一)は、嘆く暇もなく幼馴染の勘定方・矢頭長助(岡村隆史)の力を借り、ひたすら山の整理に励む日々。
御家再興の道が閉ざされた彼らに残された希望は、宿敵・吉良邸への討ち入り。ただそこで発覚した大変な事実。
なんと討ち入りするにもお金が必要で、使える予算は9500万!
生活費や食費に家賃、江戸までの往復旅費、討ち入りするための武具。
お金はどんどん出ていくばかり・・・。
節約する人もいれば無駄遣いする人もいて、プロジェクトは超難航!
予算が足りずに、やる気満々の浪士たちのリストラも余儀なくされる始末。
どうする大石内蔵助!?
予算の都合で、チャンスは一回!
果たして彼らは【予算内】で、一大プロジェクト【仇討ち】を、無事に【決算】することができるのか!?
涙と笑いの予算達成エンタテインメント!

公式サイトより引用

キャスト

大石内蔵助:堤真一


矢頭長助:岡村隆史


 

大高源五:濱田岳


不破数右衛門:横山裕


堀部安兵衛:荒川良々


菅谷半之丞:妻夫木聡


奥野将監:大地康雄


吉田忠左衛門:西村まさ彦


原惣右衛門:木村祐一


貝賀弥左衛門:小松利昌


三村次郎左衛門:沖田裕樹


武林唯七:橋本良亮


間瀬久太夫:寺脇康文


戸田権左衛門:板尾創路


戸田采女正:滝藤賢一


落合与左衛門:笹野高史


理玖:竹内結子


大野九郎兵衛:西川きよし


瑤泉院:石原さとみ


浅野内匠頭:阿部サダヲ


祐海和尚:桂文珍


前田屋茂兵衛:村上ショージ

感想

 

 

評価:★★★★★
忠臣蔵をお金の面から描くという作品が今までになかったので、斬新だと思いました。
実際に討ち入りをする際にどれくらいの費用がかかったのか、ということが記録に残っているということなのでかなり面白かったです。
討ち入りの際の装束を揃えるだけでも費用がかかります。
赤穂藩がお取潰しになってしまったため、藩士は全て浪士になってしまったわけで、収入を得ることができなくなってしまった、というのも考えてみればそうなんだな、と思いました。
今まで討ち入りをメインに描かれていた作品が多かったので、こういう見方、考え方もあるんだと興味深かったです。
どこでどういう形で出費を抑えるべきなのか、どこで節約をするべきなのか、勘定方がついていたからこそ上手くいったんだと思います。
お金のことに無頓着な人たちばかりであれば、討ち入りも成功をすることはなかったのかもしれません。
また今までのメインとなっていた、吉良邸への討ち入りのシーンが何もなかったのは衝撃的でした。
吉良役もいないということだったので、今までの忠臣蔵とはちょっと雰囲気も違っていたんじゃないかなと思います。
ストーリーの展開もかなり面白いと思いましたし、忠臣蔵を違う視点から考えることもできた作品でした。

 

 

評価:★★★★☆
忠臣蔵といえば、時代劇の定番ですが決算!忠臣蔵は元藩士たちの仇討ちまでの日々を費用のやり繰りを描いていてこれまでの忠臣蔵の概念を崩した面白さがあります。
年収や退職金、旅費代など現代社会にも通じるお金の話も取り入れていることで、親近感を持つことが出来ました。
無駄金を遣う赤穂浪士の面々をみていると先のことを考えなければと思わず岡村さん演じる勘定方の苦労が伝わってきました。
忠臣蔵というと討ち入りをするかどうかで、みんなで話し合うシーンが印象的ですがこの映画でもやはり印象的でした。
番方は討ち入りを訴えるが、勘定方は猛反対します。その理由が予算がないというのが今までの忠臣蔵にないリアリティを感じて印象に残りました。
堤真一さんはシリアスな演技からコミカル演技が出来る俳優さんですが、この映画の中でも内蔵助を見事に演じており今までにない人間臭い内蔵助で親近感を持つことが出来ました。
楽しめる忠臣蔵で新境地を開いた映画だと思います。

 

 

 

評価:★★★★☆
この映画は従来の忠臣蔵のように主君の仇を大石内蔵助を中心とする赤穂藩の家来が仇討ちをする事を描いた映画とはかなり違う特徴にある映画です。
あくまでお金の面でどうやれば仇討ちという共通の目的を成し遂げるの事が可能になるという経済的な面に主眼を置いた映画です。
即ち浅野家の取り潰しにより大名家が消えてしまう、その後家臣たちへの退職金の支払いなどお金の面での苦労を
描き、さらにどうやって仇討ちをするまでの赤穂藩から江戸までの
交通費や江戸での拠点確保の費用など討ち入りまでの経費について描いています。
特に塩田事業で蓄えていた資金を、確保していく様子は
時代は戦国ではなく、江戸時代は太平の世であり武力ではなく経済力が重視される世の中に変化している様子を映画をみていて強く感じる事ができます。
お金があるかそれともないのかによりできる事とそうでない事がはっきり分かれてしまう時代だったのだと思います。
自身は映画の中で勘定方の矢頭長助にとても共感できました。
討ち入りや籠城を叫ぶ急進的な武士と違い時代の変化を冷静に感じ取りすべての行動はお金という基盤があってこそ始めて可能になると最初から理解していた知的な侍でした。
できれば最後まで赤穂の浪人として武士としての討ち入りに参加させてやれたらと少し感じました。

 

 

こんな切り口で『忠臣蔵』を描くとは?!
もともと、時代劇・現代劇とりまぜて何をやらかすかわからないワンダーな作り手、中村義洋監督が思いっきり振り切った立ち位置で作ってくれた、笑って泣ける、最新作の忠臣蔵です。
大石内蔵助(堤真一)が度々呟く「なんでやねん?!」がその作品世界のカオスっぷりを表している本作ですが、意外な名優が素晴らしいお仕事をしています。
岡村隆史さん…彼が演じるのは藩の勘定方を務める矢頭長助です。
内蔵助とは身分違いとはいえ、幼馴染ということもあり、気心の知れた様子のやり取りが続きますが、一般的には彼の存在はあまり知られていません。
むしろ、息子の矢頭右衛門七(えもしち)の方が、若くして討ち入りに参加したことで有名だったほどなのです。
しかし、岡村さんが演じた長助は暴走する藩の面々を諫め、お金がないことを常々言い含め、滅びゆく赤穂藩のために正論を吐きながらも懸命に働いていたのです。
エコノミカルな視点で描かれると、忠臣蔵の物語の裏側がなんと分かりやすくなることか!
もちろん脚色も大いに含まれますが、この作品のなかでは矢頭長助の存在が素晴らしく、岡村さんが後に大河ドラマに出演するのも道理だなぁ、と納得してしまいます。

 

映画「決算!忠臣蔵」の無料動画をフル視聴する方法のまとめ

2020年7月現在、映画「決算!忠臣蔵」をお試し期間で無料視聴できる動画配信サービスは『U-NEXT』『FOD』『TSUTAYA TV』です。

いずれも有料作品となっています。

ポイントが付与される動画サービスで特におすすめなのは【作品数の多さ】【初回登録で600ポイント付与】がある『U-NEXT』です!

映画「決算!忠臣蔵」以外にもたくさんの作品が配信されており、無料お試し期間内でも十分にお楽しみいただけます!

U-NEXTより

是非この機会にご登録ください♪

\初回登録は31日間無料 &600ポイントプレゼント!/

⇩ ⇩ ⇩