インターネット講座 [角川インターネット講座]

Home > 角川インターネット講座15巻のご案内 > シリーズ第5巻(ネットコミュニティの設計と力)紹介

近藤 淳也 監修:5 ネットコミュニティの設計と力 つながる私たちの時代

SNSの普及で、ネットを使って人々がつながることの重要性が増してきている。代表的ブログメディアの創始者がコミュニティの本質に迫る。

【角川インターネット講座】
第5巻 ご予約・ご購入はこちらから

KADOKAWAオフィシャルストア

BOOK WALKER

楽天ブックス

Amazon.co.jp

【角川インターネット講座】 第5巻 (2015年8月21日発売)

ネットコミュニティの設計と力
つながる私たちの時代

人で賑わう「場」はいかに生まれるのか
ネットとリアルが交叉する「共同体」の未来を
山極寿一、広井良典、古川健介らが探る!


株式会社はてな会長
近藤 淳也 監修
yomoyomo  Hagex  古川 健介  山極 寿一  広井 良典 

Web2.0以降、ソーシャル・ネットワーキング・サービスなどの普及で、オンラインでの人々のつながりは、より重要性を増してきている。よりよいネット・コミュニティはどのようにつくられるべきかを解き明かす。
ISBN 978-4-04-653885-7
出版社: KADOKAWA/角川学芸出版
>>目次詳細

ネットコミュニティの設計と力 つながる私たちの時代 目次

第1部  人間の集まるコミュニティを設計する
 序章  日本のインターネットコミュニティ  …近藤 淳也 著
 第1章 ソーシャルメディアの発生と進化  …yomoyomo 著
 第2章 恋愛論的コミュニティサイト運営術  …Hagex 著
 第3章 人が集まるコミュニティのつくり方  …古川 健介 著
     
第2部  私たちのコミュニティはどこへ向かうのか?
 第4章 サル学から考える人間のコミュニティの未来  …山極 寿一 著
 第5章 情報技術とリアルコミュニティ  …広井 良典 著
 第6章 コミュニティと人の力  …近藤 淳也 著

近藤 淳也 プロフィール

1975年三重県生まれ。株式会社はてな代表取締役会長。京都大学理学部卒業。2000年に同大学院中退後カメラマンなどを経て、01年にQ&Aサービス「人力検索サイトはてな(現 人力検索はてな)」を開始し、京都で有限会社はてなを設立。04年に株式会社はてなに改組。ブログサービス「はてなブログ」「はてなダイアリー」、ソーシャルブックマークサービス「はてなブックマーク」など、独自性のあるWebサービスの創出・提供に取り組む。06年に米国シリコンバレーにて子会社「Hatena Inc.」を設立。任天堂株式会社との協業事業「うごメモシアター」「うごメモはてな」や、家庭用ゲーム機「Wii U」に内蔵されているネットワークサービス「Miiverse」の開発にも協力。著書に『「へんな会社」のつくり方』(翔泳社)がある。

yomoyomo プロフィール

雑文書き、翻訳者。1973年生まれ。著書に『情報共有の未来』(達人出版会)、訳書に『デジタル音楽の行方』(翔泳社)、『Wiki WayコラボレーションツールWiki』(ソフトバンク クリエイティブ)、『ウェブログ・ハンドブック』(毎日コミュニケーションズ)がある。ネットを中心にコラムから翻訳まで横断的な執筆活動を続ける。
ウェブサイト:http://www.yamdas.org/
Twitterアカウント:@yomoyomo

Hagex プロフィール

ネットウォッチャー。2004年、ネットウォッチ日記「Hagex‐day.info」を開設。日記では2ちゃんねるエピソード、炎上事件の観察記、釣りエピソードの鑑定、ネットデマの検証などを行って支持を得る。月間平均PVは300万と、個人ブログとしては希有。マスコミ企業に勤務後フリーランスとなり、現在はネットメディア企業に勤務している。著書に『ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い』(アスキー新書)がある。

古川 健介 プロフィール

株式会社nanapi代表取締役社長。1981年生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科在学中に、中高生から大学生・予備校生のためのコミュニティサイト「ミルクカフェ」を開設。掲示板サイト「JBBS@したらば」を運営する株式会社メディアクリップ代表取締役社長を経て、2006年に株式会社リクルート入社、新規事業を担当する。退社後の2009年、株式会社ロケットスタート(現株式会社nanapi)を設立、代表取締役に就任。現在は生活の知恵が集まるサイト「nanapi」を運営している。日本のネットコミュニティの成功例をつくり出してきた経営者のひとり。共著に『Webコミュニティでいちばん大切なこと。CGMビジネス“成功請負人”たちの考え方』(インプレスジャパン)。

山極 寿一 プロフィール

京都大学大学院理学研究科教授、2014年より京都大学総長。1952年東京生まれ。京都大学理学部卒、同大学院博士課程修了。理学博士。1978年よりアフリカ各地でゴリラの野外研究に従事、コンゴ・カリソケ研究センター客員研究員、財団法人日本モンキーセンター・リサーチフェロー、京都大学霊長類研究所助手を経て、現職。専攻は霊長類社会生態学、人類進化論。長年フィールドで野生のニホンザルやチンパンジー、ゴリラの行動観察を行い、その保護活動でも国際的に活躍している。『家族進化論』(東京大学出版会)、『人類進化論 霊長類学からの展開』(裳華房)、『ゴリラ』(東京大学出版会)、『暴力はどこからきたか 人間性の起源を探る』(NHKブックス)など、著書多数。

広井 良典 プロフィール

千葉大学法政経学部教授。1961年岡山県生まれ。東京大学教養学部卒業(科学史・科学哲学専攻)、同大学院総合文化研究科修士課程修了(相関社会科学専攻)。厚生省勤務を経て、96年千葉大学法経学部助教授、2003年より現職。01~02年マサチューセッツ工科大学(MIT)客員研究員。社会保障や環境、医療・福祉、都市・地域に関する政策研究から、時間、ケア、死生観等をめぐる哲学的考察まで、幅広い研究・執筆活動を行っている。『日本の社会保障』(岩波新書、エコノミスト賞受賞)、『コミュニティを問いなおす』(ちくま新書、大佛次郎論壇賞受賞)、『人口減少社会という希望』(朝日新聞出版)など、著書多数。